2015年02月26日

Persona Super Live 2015 in NIPPON-BUDOKAN NIGHT OF THE PHANTOM.に行ってきた!

すっかり書くの忘れてた…

大分前の話となりますが、今月頭2/5に日本武道館で
Persona Super Live 2015 in NIPPON-BUDOKAN NIGHT OF THE PHANTOM.
P3とP4のライブです。

IMG_3916.JPG

元々ペルソナの曲は大好きなので、良し悪しを語るのは無粋と言うものでしょう。
<セットリスト>(※ここから転載 http://www.famitsu.com/news/201502/12071525.html)
01. Dance!
02. Break Out Of...
03. MAZE OF LIFE
04. Mass Destruction
05. Burn My Dread
06. 時価ネットたなか
07. Pursuing My True Self
08. Your Affection
09. Shadow World
10. 霧
11. Laser Beam
12. Fate is In Our Hands
13. Dazzling Smile
14. One Hand, One Heartbeat
15. <P4U&P4U2 インストメドレー>
・全ての人の魂の戦い 〜USH ver.〜
・Shadows Of The Labyrinth
・A Fool or Clown
・Heartful Cry -in Mayonaka Arena-
16. Never More
17. changing me
18. キミの記憶
19. Time To Make History
20. Deep Breath Deep Breath
21. Today
アンコール
22. Light the Fire Up in the Night “KAGEJIKAN”
23. Light the Fire Up in the Night “MAYONAKA”
24. Reach Out To The Truth

川村ゆみさん、やっぱり素敵なシンガーですねぇ。
“キミの記憶”とか聞いていて涙が出てくる。


で。

今回のライブでとても気になったのが演出のサイリウム。
どういう仕掛けかわかりませんが
IMG_3915.JPG
色から点灯の有無から、自動で行なわれるハイテクなものでした。
それこそ、色の統一や光る光らない等の制御も(演出側の)自由自在。
これには本当に驚かされました。

昨今、ライブ中の振りだサイリウムだetc・・・聴衆側のトラブルやヘイトが必ず出てきます。
Sound Horizonだったりラブライブだったり。

それを、少なくともサイリウムの振りの点で制御してしまい
“聴衆間での”トラブルやヘイトを回避するという趣向、俺は素晴らしいと思いました。
最悪のケース、公式の演出が批判の中心に来てしまう事も当然覚悟の上と推測します。
その覚悟、ぼくは敬意を表するッ!

ジョジョネタは置いておきまして。

サイリウムに趣を置かなくなった事によりまして
「暗闇の中での振りの美しさ」
「演出のライティング等を鑑賞する素敵さ」
等、昨今ライブにおいて小さくなっていた出演側の演出を楽しむという事ができた
とても素晴らしいライブであったと思います。

どこから始まった流れかは私もわかりませんが
「観客が騒ぐ、暴れる事を主眼とする」ライブが昨今多くて辟易していたのが私の感じている所です。
(だから最近ヲタライブから観劇やオーケストラ、クラシックに転向していたというのもあるかも)
「ライブは観客も一緒になって作り上げるもの」と「客が主となること」は別よ。

それが今回のライブで、新しいパターンの
「主催側が意図する演出を汲んで観客が乗る」
という、かつてのライブに回帰した、しかし新たな姿の可能性を私は観た気がします。
サイリウムだけで其れが適うとは思いませんが、一つのアンサーなのかもね。

経費も非常に掛かってしまうとは思いますが
私はこの流れ、全力で応援したいと思います。もっともっと流行れ!!

素敵なライブ、どうもありがとうございました。
そしてP5買わなきゃ・・・
ラベル:ペルソナ P3 P4
posted by 神楽坂優二 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

2015年冬イベント“迎撃!トラック泊地強襲”朝霜掘り(E5丙)

イベントもそろそろ終盤戦かとは思いますが。

艦隊これくしょん 2015年冬イベント 今回初登場の駆逐艦“朝霜”。
イベントをクリアした提督は彼女を探す為にイベント海域を周回しなければならないわけですが。

結論から言います。
「E1〜E4を甲作戦でクリアし、E5を丙作戦でクリア」した提督。
朝霜掘りの観点からすると、一番苦難の道です。

オススメは
(1)E4丙ボス発狂(ラストダンス)前に作戦変更のゲージ回復を利用したボス狩り
(2)E4を丙でクリアしてボス狩り
(3)E5甲の道中狩り

と言っても、俺みたいに時既に遅しという提督もいると思いますので
一応私が周回した記録を書いてみます。


ばかぐら式 朝霜掘り(E5丙)
【第一艦隊】
・飛鷹改  烈風601 烈風 烈風 艦隊司令部施設
・金剛改二 試製35.6cm 試製35.6cm 零観 32号
・霧島改二 35.6cmダズル 35.6cmダズル 零観 32号
・利根改二 20.3cm3号 20.3cm3号 試製晴嵐 熟練艦載機整備員
・熊野改  20.3cm2号 20.3cm2号 試製晴嵐 熟練艦載機整備員
・隼鷹改二 烈風改 彗星江草 烈風301 彩雲 

【第二艦隊】
・那珂改二 20.3cm3号 20.3cm3号 九八夜偵
・北上改二 15.5cm三連副 15.5cm三連副 甲標的
・Bismark drai 38cm連装砲改 38cm連装砲 零観 32号
・島風改 12.7cmB型 12.7cm連装高角(後期) 照明弾
 →疲労が溜まったら暁改とローテーション
・秋月改 10cm高角+高射 12.7cm連装高角(後期) 13号対空電探改
 →疲労が溜まったら吹雪改二とローテーション
・初霜改 53cm艦首魚雷 61cm五連装魚雷 61cm五連装魚雷
 →疲労が溜まったら時雨改二とローテーション

E5MAP
・那珂改二で軽巡洋姫マスを迂回
・電探でDマス渦潮被害を減らす
・戦艦を3隻で抑える事でFマスへの確率を上げる
 ⇒H,G,Iマスの朝霜を狙います。
※注 wikiや各攻略サイトでは“Iマスでは朝霜はドロップしない”とされているようですが
   私はIマスで朝霜掘りました。

問題は
・H,G,IはBOSSマスでは無い為、ドロップ無しの確率がかなり高い。
・朝霜以外のドロップがひたすらショボイ。
・丙作戦はレア艦のドロップ率が低い(のではないかと言われている)。
為、倒せど倒せど一向に朝霜が出てきません。
かく言う私もドハマリしておりまして、この掘りだけで
・134周周回 (※途中撤退は周回に入れず。含めるとおそらく150over)
・燃料8万(途中で燃料備蓄があったので推定値)
・高速修復剤400個
をつぎ込み、ようやく朝霜を一隻ゲットしました(マジで苦難の道…)。

この苦行を万人にオススメできるわけではありませんが
どうしても朝霜が掘れないという提督に、一応成功した奴がいるという事を記しておきたいと思います。
宜しければご参考ください。



※蛇足注
この掘りに使用した艦隊は、自分の好みの艦娘を沢山つぎ込めたので、楽しいといえば楽しかったです。
(那珂、北上、時雨以外、みんなお気に入りの艦娘)
前のエントリで書いた通り、今回のイベントは
「強い艦娘は強い。弱い艦娘は錬度上げてもダメ」
という事が徹底されてしまったイベントと感じたので、ある意味嬉しいといえば嬉しかったです。
これで多摩を入れる隙間があれば言う事無かったのですけどね・・・。
posted by 神楽坂優二 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

2015年冬イベント“迎撃!トラック泊地強襲”E5(丙)まとめ

はい、掲題の通り冬イベント最終海域(E5)の雑感です。

WARNING
本エントリの内容は統計的な見地に基づいた攻略ではなく
実際にプレイした感覚のみで書いております。
オカルト乙と思われる方は回れ右。


まずは何も言わずに編成と装備を。
ご存知の通り、最終海域は連合艦隊マップです。水上艦隊で挑みました。
【第一艦隊】
第一艦隊.jpg 
【第二艦隊】
第二艦隊.jpg

なお、ゲージ削り中は第二艦隊が以下のようになります。
第二艦隊-2.jpg
※第二艦隊に潜水艦がいると、うずしお回避ルートに入れる為


どうも今回のイベント前のメンテナンスから深海棲艦側のAIが修正されたのか
「艦隊の中の弱点を集中的に叩く」
というアルゴリズムに変わったように感じました。
(甲でも乙でも丙でも変わらないと思います)

道中、一番簡単な作戦である丙作戦であっても
戦艦フラルや空母棲姫、軽巡姫等が普通にピンポイントで
レベルが低かったりステータスが劣る艦を落としにかかってきますので、連合艦隊だからといって
一体だけ育成間を忍ばせておくとか、好きな艦を入れるとかそういった手段が非常に取り辛く
とにかく「強い艦に強い装備」で固める戦略です。
軽空母にダメコンを入れているのはお守り。
ヤッパリ今回もダメコンを入れると大破しないジンクスはあるようです。
(これも深海棲艦アルゴリズムの一つじゃないかと思ってます)

というか、今までの連合艦隊戦である「自軍も深海棲艦側も攻撃当たらない」が
「自軍は攻撃当たらないけど深海棲艦側は当たる」に変わったような感覚もちょっと持っています。
(まぁコレは一隻でも大破させれば負けであるプレイヤー側のジレンマもありますが)

正直なところ、こんなロマンも何もない編成なんて組みたくないのが本音なのですが
諸事情があり時間をかけていられないので、こんな形で最も簡単な丙作戦攻略と相成りました。

実はこのアルゴリズム、E2攻略時に既に感じていましたが
それを認めたく無くて無駄に時間と資材を消費した感が強いです。
たまたまネットサーフしていた際に見つけた

“手持ちに有効な戦力があるのに、それを出し惜しみして使わないと内部ペナルティがはたらく”

という真偽不明な(オカルト?)コメントを見かけて実行したというのが実際。

たしかに旧日本軍の敗因の一つ(あくまで一つね)に
「乾坤一擲の大作戦に最大戦力をつぎ込むことを重視して、必要な時に必要な大戦力を出さなかった」
と言われる事もあるようなので、そんなペナルティがあっても納得せざるを得ないような気もします。
このあたりは運営との知恵比べ、肌感覚勝負ですね。
(他、中破轟沈が無いって話も、感覚的にそうだというだけで大本営発表があったわけではありませんし)

※2月10日 AM8:31追記
まさかまさか、艦これ公式作戦記録(宝島社 TJMOOK刊行)の“トラック空襲”のページに
それを匂わせる記述があった…だと…
IMG_3947.JPG
“連合艦隊主力の温存”
>>主力艦隊のパラオへの避退を決定していた。トラックの防衛は、すでに実行不可能だったのである。
まさか本当にこの史実を組み込んだアルゴリズム組んでいた…っていうの艦これ運営ぃ!?


手元の纏め表をみると(E1〜E4:甲作戦 E5:丙作戦)
燃料52000、弾薬40000、鋼材4000、ボーキ6000、バケツ300
程度消費したようですが、おそらく初めから最強艦隊を組んでいれば
もう少し抑えられたのではないかと思います(特にE2)。


とまぁ少々ネガティブな事を書いておりますが
(事実、twitterではここ2日間荒れてました。フォロワーの皆様ゴメンナサイ)
運営側の意図を汲んでそれに対応させた勝負を挑むのもゲームのうちなので
今回のイベントはそういうものであったと思っておきます。

さて、朝霜掘りついでに文月と舞風のリベンジかましてきまーす。
posted by 神楽坂優二 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

KING SUPER LIVE 2015 #キンスパ













!!
posted by 神楽坂優二 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

【本編ネタバレ有】劇場版 蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ― DC 観て来た(舞台挨拶付き)

(´・ω・`)ぶひぃ

もう、なんていうかですね。
“新衣装のイオナたん可愛い!!”
という事で一つ。


本作、劇場版 蒼き鋼のアルペジオは
・一部の今回がTV版の総集編+新版の導入
・10月に上映される二部(劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza)が完全オリジナル
の二本立てで構成されるストーリー。
(あ、これ1997年に上映された「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」進行だ)

今回の後半戦、従来の青い衣装から白い衣装に変わるのですが
これが可愛くてブヒブヒしちゃいましたよオジサンは。
とりあえずコレが観られただけでも十分っちゃ十分。

他、第二部の敵(?)役であるヒエイを含めた方々がね…その…
どうみてもポンコツ臭マンマンなんですがそれは(汗)。
なに、それで良いの本当に。
アルペジオはシリアスとギャグが入り混じる作品だから、納得しようと思えばできるんだけど

・コンゴウ:自分探し
・ハルナ:シャキーン
・キリシマ:クマー
・ヒエイ:石頭生徒会長(※New)

金剛4姉妹はネタキャラにしなければならないという決まりが
Japanese Anime界には有るとでも言うのか!


※注 ここで「アニメ艦隊これくしょん」における金剛sistersの扱いについて
   端的に表された例がありましたので観てみましょう


(いやまぁ、アニメ艦これはあぁしないとならない理由があった事は分かってますよ)

このノリでムサシを含む艦隊決戦と言われてもやや脱力なのですが…興味は惹かれるわ。
こりゃ2部も観に行かないとならんな。うん(10月だって)。


それに合わせて、どうも今回の劇場版は音響に拘ってリメイクされたそうで
確かに効果音からBGMまですっごい素敵に生まれ変わっていたのが珠玉。
EDで流れた「Rock on」もカラオケに行きたくなるね。
みんな、観に行くときには是非とも耳掃除して行きましょう(そういうこと?)


舞台挨拶
興津和幸さん(群像役)とTrident(渕上舞、沼倉愛美、山村響)が登場。
できれば次は本編上映後の挨拶がイイね。
ネタバレできない分、テンションだけは高くするようにしたんだって。
作品どうこうより、どっちかっつーとTridentのプロモーションでしょアレ(笑)。
posted by 神楽坂優二 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする