2015年03月30日

舞台ふしぎ遊戯 観てきました

♪舞い上がれ 朱雀 ミラクルLa〜

というわけで、本日は舞台ふしぎ遊戯大千秋楽を観てきました。
原作コミック、少女漫画ですが大好きな作品です。
今日は弱虫ペダルとかテニスの王子様とか、舞台関連が山程あったようですね。

正直な感想を申し上げますと
「舞台(3次元)でやるには難しい作品をよく演ったよ・・・」です。

原作コミックを読んだ事がある方ならご存知かと思いますが
ふしぎ遊戯は全年齢漫画と言うには非常に危険な
(アダルティックだったり世相的に危なかったり)する表現が乱れ飛ぶ作品です。
そういった表現を描かないで脚本は作られておりました。見事だったと思います。

・・・が。

それが話として面白かったかと謂われると
失礼ながら原作好きとしては物足りなく感じる事は否めませんでした。

唯が異世界に来た時にレイプされた(と思い込まされている)事
蟲毒を用いて鬼宿を青龍陣営に取り込もうとした事
死人還り
柳宿が女の振りをするに至った理由
鬼宿がお金に執着する理由
etc・・・

これらが如何に物語に深みを与えていたのか
この舞台を観て改めて思い知りました。渡瀬先生すげぇよ。

こういった事情(だと思う)から、脚本が大分書き換えられていたのですが
twitterの様子を観る限りだと評判は良いようなので
俺みたいな原作厨でなければ結構好意的に取られていたみたいですね。


・・・俺は正直なところ、鬼宿や井宿のキャラ造りに疑問もったクチですが。
「世界に達観してしまった少年」鬼宿。
「過去のしがらみから本心を隠して昼行灯」井宿。
この二人は、口調こそ似せようとはしているようですが
まったく別人として観たほうが良いようで。

翼宿、軫宿、美朱の3人は良く表現しているなーと思いました。
(ただし、翼宿の元いた山賊団が首領交代と同時に翼宿に反旗を翻したのは許せぬ)
特に美朱は「あぁ、これリアル美朱だわ」と思うことしばしば。
超ウケルー、は勘弁して欲しかったけど。


とまぁそんな感想。


あと、大変申し訳ございませんが鬼宿役の喜矢武豊さん。
舞台の続編やりたいって事でしたが、それならばゴールデンボンバーの看板は持ち込まないで
「役者 喜矢武豊」として舞台に上がって下さい。
正直今回の貴方は、演技も言動も役者として観られませんでした。
ラベル:ふしぎ遊戯
posted by 神楽坂優二 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする