2015年08月31日

舞台「雛見沢停留所」観てきました!

雛見沢停留所を知っていますか・・・?

今からン年前。
ある意味で一斉を風靡した同人ゲーム“ひぐらしのなく頃に”。

俺がこの作品の大大大ファンである事は今更言うまでもありませんが
この“ひぐらしのなく頃に”には、竜騎士07先生が執筆された元となった舞台演劇用の脚本がありました。
それが「雛見沢停留所」。ひぐらしスキーには基礎知識の一つです。

この雛見沢停留所、小説やコミックの形では発表されていましたが
舞台演劇用の脚本でありながら、演劇化は今の今までされていませんでした。
それを本当に形にしてしまったのが、この“進戯団 夢命クラシックス”様。


当然、俺はこのシナリオを読んだ事あります。
ですので話の展開や真相まで十分に把握しています。

それでもなお、凄く楽しかった、ゾッとしました。
梨花の儚さ、後悔、怯え。魅音の(良い意味での)無知な明るさ、疑心暗鬼に囚われた後の狂気。
裏吉村の狂気とゲスさ。星野と新田のアッチな研究者の顔。荒川の絶望。etcetc…

そこはまさしく雛見沢でした。

今回、自分の座った席の関係上、梨花(役の青木志貴さん)をめっちゃガン観できるポイントだったのですが
無表情キャラかと思ったら、目の動きとか声にでない声とか、意外と感情豊か(に俺はみえた)で
あぁ、雛見沢停留所の梨花ってこういう人なんだって言う事がとっても印象的でした。俺の勝手な思い込みかもだけど。

特に印象的だったのが、吉村が「オヤシロ様」と初めに口に出した時。
上手く説明できないんだけど、梨花の表情が「無表情A」から「無表情B」にスッと切り替わって
チラッと吉村のほうに視線を移した所。メッチャ印象に残ってます。


↑この方

後は、やっぱりクライマックスの魅音凶行シーンですかねー。
ある意味ひぐらしをひぐらしたらしめている、疑心暗鬼極まるシーンですが
まぁ見事に狂気に走ってくれました、魅音役の小市さん。


↑この方

まぁ叫ぶは笑うは倒れた新田を刺しまくるわ。
(そういえば新田って梨花の事を蹴っ飛ばしたり踏んだりしてたな。アレって原作にあったっけ?)
あの一シーン、拳握るよね本当に。

んでも、そんな中でも二人がお互いを思うシーンとか
エンディングの二人なら…の所とかは、凄く綺麗で美しい(ただし希望に満ちているとは言わない)ものでした。
本当に素敵な舞台だった…。
(ここでは触れてないけど、他の役者さん達もすっごく素敵でしたよー!)


今日で千秋楽、次が見られないのは寂しいけど
またどこかでこの作品が、そして続編がもし出るならば
その時はまた駆けつけたいと思います。

今日はとっても素敵な舞台をありがとうございましたっ!!
posted by 神楽坂優二 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

「四月は君の嘘」クラシックコンサート フィナーレ 2015東京 追加公演に行ってきました!

ついに、終わってしまったのですね…。

土曜日、練馬文化センターで行なわれた掲題のクラシックコンサートに行ってきました。
練馬文化センターは、劇中で公生達が演奏を行なっていた会場。
登壇した篠原悠那さんは宮園かをりのモチーフアーティスト。
阪田知樹さんは有馬公生のモチーフアーティスト。

これすなわち、公式が仕掛けた壮大な聖地巡礼。
P8290064.jpg

この作品、劇中音楽がガチ過ぎる事は今更言うまでもありません。
とっても素敵な演奏を楽しませてくれました。

そんな中、最期(アンコール除く)の曲。ショパンのバラード1番。
演奏中にバックにアニメ最終回(だよな確か)の、かをりがバイオリンを弾く(?)シーンが流れましてね。
そこに宮園かをり=篠原さんがかぶせてバイオリンを弾いて。
えぇ、泣くなって方が無理じゃありません?

と、実に気持ち良い時間を過ごさせて貰いました。
各曲の解説は他に任せたっつ!!←ダメ人間。
本当に終わっちゃうのが勿体無い作品だよ…。一年間のツアーコンサート。本当にお疲れ様でした。

P8310066.jpg というわけでサイン貰ってきました。にゃあ。
ラベル:四月は君の嘘
posted by 神楽坂優二 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

2015夏イベントクリアしました(E7丙攻略編成)

いつもの妄想はイベント時刻終了にとっておくといたしまして。
色々とありましたが、艦隊これくしょん2015夏イベント“反撃!第二次SN作戦”クリアしました(丙作戦だけど)。

んなわけで、恒例の艦隊晒し。この期に及んだ丙作戦の編成なんて需要あるか怪しいけどね(苦笑)。

【ラスダン編成】※今回から「艦これリストメーカー」を使用。これ便利だわ。
攻略編成(1).jpg[第一艦隊]

攻略編成_(2).jpg[第二艦隊]

第一艦隊の空母選定は半分趣味。史実ネタが無ければ多分瑞鳳は外してた。好きな艦なんだけどねw。
なんとなく艦載機は艦攻と艦爆を一つずつ積むのが好きなので(ミッドウェーのアレだ)
其のあたりも反映した装備に。

対して第二艦隊は純粋に戦力で選びました。俺にしては珍しいけど。
ただし攻略してみての雑感ですが、丙作戦をこのレベルで挑むならばカットイン艦は不要かもしれません。
削りでもラストダンスでもカットイン使いませんでした。
むしろ道中突破率考えたら夜戦サポートとかの方が良いかも?(未検証)

※削り時:瑞鳳→あきつ丸 加賀→葛城 プリンツ→熊野 摩耶→鈴谷
     秋月⇔吹雪改二 時雨改二⇔初霜改二⇔雪風

【ルート】
 [削り]:B→X→D→H→Y→L→Z
 [ラストダンス]:E→G→J→M→Z
なんとなく、ヲ級改FlagShip×2を相手にするより姫達を相手にしたほうがマシな気がしたので
削りはあきつ丸編成で下ルート進んでました。うまくすればX,Yも撃破狙えるので。
X,Y撃破による防空棲姫装甲の減衰率リミットがまだ明らかになっていないので、倒せるだけ倒しておこうと。

ラストダンスは燃料枯渇によるペナルティを最小限に抑えるため、4戦ルート。
ただし前述の通りMマスでヲ級改FlagShip×2のマスを通らないとならないので摩耶改二&秋月改の防空コンビを投入。
BOSS戦の火力が不足するけど、丙作戦ならなんとかなると踏んで(実際になんとかなった)。
元々は時雨カットインを叩き込むための編成だけど、前述の通り今回の俺には不要だった感。
(実際の所、事故はMマス以外で発生する率高いんだけど・・・)

【今回の戦略的MVP】
・1位:阿武隈改二
 …E6,E7で雷巡を入れられないので、彼女の開幕雷撃が恐ろしく心強かったです。
  15.2cm連装砲×2を装備した夜戦連撃もバカにならない威力(雷巡のキ○ガイ火力と比べちゃなんねぇ)。
  他にも枯渇しかけた燃料の回収に大発動艇が装備できるのもナイス。
  間違いなく今回のイベントで一番輝いていました。彼女いなかったら難易度1段階上がってたと思う。

・2位:2機目の九八式水上偵察機(夜偵)
 …噂には聞いていましたが、第二艦隊に2機積むと発動確率が段違いでした。すっごい安定する。

・3位:でっかい暁Bismarck drei
 …結局夜戦の主力になっちゃいました。E6とE7の止め刺し要員。
  資源消費はハンパ無いけど、高速艦+堅牢+雷撃ステータス持ちはやっぱり強いって。
  困った事と言えば、あまりにも活躍しすぎてうちの嫁艦(多摩)のレベルを超えちゃった事(汗)。
  イベント終わったら多摩のレべリングしなきゃ。

【消費資源】
E6の風雲掘りにバカみたいに突っ込んだ(そして失敗した)値なので参考にならないけど、ざっくりと
・燃料:20万 ・弾薬:12万 ・鋼材:17万 ・ボーキ:11万 ・高速修復剤:1200個 程度

【課金】
・母港拡張×1 ・ケッコン指輪×4(熊野、金剛、榛名、大和)  


と、まぁこんな感じでしょうか。
イベント期間の延長も決定したようなので、さぁ掘りに進むかどうか…悩みどころですね。

※残り掘り艦:風雲、海風、U-511、伊401
 多分、風雲は第二のプリンツになる気がするんだ…設計図無しで見張り員持ってくるとか
 鳥海改二の設計図が意味無くなってしまう。
ラベル:艦これ
posted by 神楽坂優二 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

リトルジャックオーケストラ 第12回定期演奏会に行ってきた!!

初めて参加してからもう何年経ったかな…。

日曜日は横浜のみなとみらいホールでリトルジャックオーケストラさんの演奏会に行ってきました。
彼らはゲームミュージックをオーケストラで演奏する集団。
今回はイトケンのSagaを題材にしたコンサートです。

この団体は自分達の事をアマチュアって言ってるけど
技術と愛は間違いなく一級品、実に素晴らしい演奏を今回も聴かせてもらいました。
いつもありがとうございます!!


演奏された中でどの曲が好きって、どれもこれも好きなのですが
その中でも特に!ってのを挙げるならば・・・

・ALONE:ロマサガ3の生命技術研究所で流れる曲。
 本当にオーケストラ映えする曲で、流れた瞬間に鳥肌立ちました。
 原曲も好きだけど、生音で聴いても素敵な曲でした。この曲だけでもライブ音源欲しい…
・トレード:ロマサガ3のそのまんまw
 聴いててワクワクする曲ですが、真価はそれだけにあらず。
 まさかリアルコインを使って金が積まれる音を再現するとかw
 このあたりがLJOさんが単なるオーケストラグループじゃない所以だよね、愛だよ愛。
 他、かけひき技が失敗したときの「ブブー」とかね。
 ここまで再現するならば支配下企業が独立した時の「パンッ」って音も聴きたかったようなそうでもないようなw 
・アイシャのテーマ:ロマサガ1 アイシャのテーマ
 俺、実はロマサガ1やった事ないんですけど、とっても可愛らしい曲で気に入っちゃいました。
 ミンサガやろうかなぁ・・・
・下水道:ロマサガ1 世界一飲みたい下水道のテーマ(違)
 人気の曲ですが、今回の演奏では超絶木琴(マリンバで良いんだよな?)テクに魅了されてしまいました。
 元々俺はマリンバ好きってのもありますけどね。
 

 こ、この方かぁ…あのマリンバを叩いていたのは。
・四魔貴族のテーマ1→四魔貴族のテーマ2→ラストバトル:ロマサガ3のボス連戦
 何が凄いって、ここまで100曲近くフルオケでやった後のアンコール曲でガチにこれをやるあたりw
 時々思うのだが、彼等はドMなんじゃないだろうか。

次回は来年、FF4スペシャル。また楽しみですっ!!
posted by 神楽坂優二 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ネタバレ有】舞台 戦国BASARA vs Davil may cry観てきた!

カプコンさん、やってくれましたなぁ(笑)

んなわけで、先週の土曜日に観てきました
舞台“戦国BASARA vs Davil May Cry”

舞台BASARAは良く観ていますが、Davil May Cryは初。
一目見た時には「ちっちゃいダンテだなぁ」っていう印象だったのですが。

あぁ、これはダンテですわ。

彼は原作でもガチと軽さが同居する不思議な悪魔なのですが
その軽さも、不真面目な強さも、まさしくダンテでした。
「人間!悪魔!こいつも悪魔!」のシーンとか大好き。

ただ・・・ね。

俺も若干原作厨な所があるわけでして
最期の「JACK POT!」のシーンについては、攻撃しながら叫ぶんじゃなくて
攻撃の前に見栄を切って殺ってほしかったなぁ…と。
(ダンテ&バージルには拘ってないです。だってコラボだもん)

とまぁこんな事書きましたが、話はとっても面白かったです。
谷口光秀の「私は人間です」が、某人狼のアレに聞こえたり
小谷元就様が操られてるって言われるとサ○デー毛利が思い起こされたり
ツンになりきれないレディがやたら可愛かったり
吉田黒騎士がそのうち政宗の事を様付けで呼んだりしないかハラハラしたり
と色々ありましたけどね!!←ヒデェ感想だなオイwww

(真面目なほうでは、山口筆頭の殺陣が久保田筆頭以来久々にキレてる政宗だったりとか。
久々に六爪の伊達政宗拝めて嬉しかったです)

コラボを続けろとは良いませんが、単独でDMC舞台やってくれないかなぁ…登壇人数が少なすぎるか?

posted by 神楽坂優二 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

エアコミケ(2015年夏コミ)

P8150037.jpg
・惜日の残光(RED-SITE様) ※空母(加賀・鳳翔)
・ここはゆずれません!!(こけつ屋様) ※瑞加賀
・嫌よ嫌よも好きのうち!!(HARVESMOON様) ※瑞加賀
・深海棲艦は本当に実在したのか。(ヘルメットが直せません様) ※オールキャラ(?)
・召しませ満艦全席3(URAN-FACTORY様) ※艦娘×カレー
・好きってこーいうきもちなの?(オートマ気球様) ※暁
・でっかい暁とちっちゃいビスマルク(まじかる☆すてっぷ様) ※暁
・お化けなんて怖くないっ!(だーくさいどるーむ様) ※第六駆逐隊
・奇跡の速さで(だーくさいどるーむ様) ※島風・雪風
・電心爛漫(オッポレ☆コッポレ&G-Size様) ※雷
・BonoBoro(ぽんじゅうす様) ※曙
・叢雲と意識の高いドM提督の思い出(パレス犬吠埼様) ※叢雲
・史実で艦これ ネギタン塩片面焼き表面カリリ編(ふれでぃわーくす様) ※オールキャラ(?)
・史実で艦これ 並カルビの味で見分けろ実力店編(ふれでぃわーくす様) ※オールキャラ(?)
・艦あに Vol.2(厨房の工房×キネマ106様)


今日は秋葉原で行われた音楽少女のイベントにどうしても行かなければならなかった為
コミケ1日目には行かず秋葉原でエアコミケしてました。

見事に艦これ本ばかりですね(汗)。
秋葉原に評論・文芸の同人誌を扱う店があればなぁ…。
posted by 神楽坂優二 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

第二回「艦これ」『観艦式』 行ってきました

IMG_5590.JPG

パシフィコ横浜まで行ってきました。
周囲には「ライブに行ってくる」って説明してましたが、歌った曲は
・Bright Shower Days
・恋の2-4-11
・加賀岬
・貴方との絆
位。俺が一番気に入ったのは「加賀岬」かなー。
(昨年のイベントには所要で出られず、悔しい思いをしていたとか加賀の声優さん)

キャラソンの予習してなかった身としてはある意味助かったけど
もうちょっと新曲とか聴きたかったのも偽りざるところ。
那珂役の佐倉彩音さんも、「まさか恋の2-4-11を歌うとは思わなかった」って言ってましたしね。
響役の州崎彩さんも、直接的には言わなかったけど「どこまでも響くハラショー」って発言を。

何時の日か、音楽イベントやって欲しいなー。大越香里さんとかも呼んで。

↑俺が今一番艦これで好きな曲。艦これはBGMが本当に秀逸な曲が多くて心地よい。

ま、ライブではなく声優イベントと考えたらこういうものでしょう。
声のお仕事という意味においては、昨年同様に洲崎綾さんと東山奈央さんのキャラクター演じ分けがスゲェって感じかな。



【他情報】
艦これ劇場版製作進行中。
→劇場版に多摩にゃん出演決定!!

これは観にいくしかねーな。
フィルム等の特典目当てで周回する事は無いけどね。複数回観たいと思えば観る。


艦これアーケード鋭意製作中。
試遊してきました。
とにかくキャラクターが動きまくる上に、中破以上で服が破ける原作準拠。
…いいのかこれ、一般のゲーセンに置いて(汗)。とりあえず響と秋月ひん剥いてきました(最低)。

ゲーム内容としては、ガンダムカードビルダーが近い感じ。
手持ちの艦娘で編成を組んで海域(原作ゲーム準拠)に出る所までは原作と一緒ですが
編隊の進路や進行速度を提督(プレイヤー)が操作し、敵編隊に接近したり有利な位置取りをしたり攻撃のタイミングを指示したり。
そのあたりの説明無しでやったもんだから、初めは理解するのにちょっと戸惑いました。
慣れればどうにかなるとは思いますが…

そして気になる料金設定ですが…ちょっと俺にはプレイできる気がしないかなぁ。
出撃海域ごとに進軍するためのコストが異なり、その分の料金をチャージしないとならないわけですが
確か2-3で260GP(円)だったかな?終盤どの位になるんだろ。
そして、出撃に使用したGPの余りを利用して入渠や補給…って、現金入れないと補給とかすらできないとか
そんなシステムじゃないだろうな(汗)。
だとしたらキツ過ぎる気が…今後の情報に注目ですね。


と、こんな夏休み初日の日。
今日から夏イベントなんで頑張って走りましょー!
ラベル:艦これ
posted by 神楽坂優二 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

【自分用メモ】C88買い物リスト

【8月14日】
・M-02b ‏だーくさいどるーむ
・M-04ab オッポレ☆コッポレ
・C-27a spiga
・A-04b ふれでぃわーくす
・L-43b みの屋
・G-01b ぬっくぬくはうす
・A-04a ぽんじゆうす?
・ハ-15a C-Noise
・シ-33a まらしぃ
・H-42a PoisonEyes
・J-29a 赤坂小町
・A-01a 

【8月16日】
・ミ20a 銀イオン
・り33b love solfege
・コ42a 猫禁猟区
・あ-53ab こもれびのーと
・れ-31a ウサギキノコ
ラベル:コミケ
posted by 神楽坂優二 at 03:25| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

ClariS 1st Live “扉の先へ”行ってきました!

目が覚めると、そこはうっそうと茂る森の中でした。

前にはタキシードを着た奇妙なウサギ。

彼は一言「我が主の住まう御所、ClariS城へご案内いたします」と。



森の中を駆けて行くと、そこには大理石の大きなお城がありました。

招かれた城中では、二人のお姫様が私達を迎えてくれ

二日間、夢のような時間を過ごしました。




というわけで、ZeppTokyoで行なわれたClariSのファーストライブに行ってまいりました。
いやー、良い意味でClariSの今までと違った面も観られて実に面白かったです。

俺の中ではClariSライブは特に踊ったりしなくても良いかなーと思っていたのですが
カレンが煽る煽るw。
そしてサイリウム要求することすること。

公式がサイリウム要求をしてきたからには、こっちも其れに応えるのが道理ってなもんでしょう。
ちょっと未だ覚えられてないけど、次のライブまでは…ってことで
円盤販売お願いします(真顔)。


今回はライブの色的な問題か、基本的にアップテンポの盛り上がれる曲が中心のセットリスト。
今回もアニメイトTVさんが上げてくれました。http://www.animate.tv/news/details.php?id=1438341518
…やっぱりあのアンコール、ちょっとヤッテシマッタカ?
(このセットリスト、最期のHANABI(inst)が掲載されていない事に遺憾の意を表さざるを得ない)

ClariS自身のMC等はあまり多くはありませんでしたが、そのぶん曲を沢山堪能できた時間。
うん、きっとClariSのライブはコレでいいのですよ。アーティストは歌で語れ!!

実に素敵な2時間でした。
全国ツアーも決まったようですので、これはまだまだ目を離すわけには行かないねっ!!
(元々離すつもり無いだろ、というご意見は黙殺します(笑))




ただ。



ClariSの曲って、改めて実感したけどいわゆるオーハイオーハイやヴォイヴォイするような振りでは
対応できない曲が結構あるんですよね。無理矢理やろうと思えば出来なくもないけど。
この前発売されたNewシングル“アネモネ”収録の3曲などもまさにそれ。
3rdアルバムのparty timeに収録されている曲にもそういうの結構あるかな?

今回のライブ中でも、PPPHが途中で出来なくなって尻切れになった曲が2つほどありましたし
(ついでにオーハイオーハイがトーンダウンして潰れるサマを始めて観たかも)
そういった意味で真面目にClariS用の振りを考えないとコレ苦しい。
もちろん曲に合った振りやコールを考えるのもライブの楽しみの一つですから喜んでやるんですけどね(笑)。
全部が全部、汎用の振りだけで済ましては勿体無いし面白くない!
ラベル:ClariS
posted by 神楽坂優二 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする