2015年12月07日

【ネタバレ有】ガールズ&パンツァー劇場版(極上爆音)観てきた!!

良かった…

本日は色々ありましたが、立川シネマシティまで
“ガールズ&パンツァー劇場版”を観に行って来ました。
茨城住まいの私がわざわざ23区外東京まで行く。はい「極上爆音」の為です。


俺にとっての映画の聖地は、今間違いなく立川。

MADMAXの時にも書いたけど、極上爆音ってのは単純に音がデカイわけじゃありません。
とにかく「腹に響く」「気持ちよい」音が素敵な上映館。

既に映画をご覧になられた方は、今回の作品でカール自走臼砲(600mm砲弾)炸裂のシーンがあった事を覚えてらっしゃるかと思います。
この600mm砲弾の炸裂音が、もうなんていうか…凄いんですよ。
語彙足らずで申し訳ないのですが、こればかりは実際に体験していただくしか。
音だけで目の前がグラつく感覚味わえます。
アレは砲炎を喰らっていないチームまで混乱するのも、とっても説得力あります。あれはマジでパニくる。

他にも機銃掃射音とか、エンジン音とか、戦車同士、戦車と砲弾が擦れ合う音とか
本当にもう素敵過ぎる!熱すぎる! あぁ、本当に良い映画館や…。


んで本編の内容なのですが…これもまた良い。
ただね。

全ての高校、全てのチームが輝きすぎててフォーカス当てようにも収拾つかねぇんだよ!!
TV放映を観た段階では、聖グロリアーナのダージリンとサンダースのケイが好きだったんだけど
もう全部のキャラクターが素敵で愛おしいですホント。

いや、初めは裏で奔走する会長とか、会長不在の大洗メンバーを纏めようと奔走する桃とか
良いってしようかと思ったんだけど
ウサギさんチームがTV後半以上に成長してたりとか、麻子が風紀委員をひっぱったりする所とか
カチューシャが涙をこらえて撤退を選択したりする所とか、アリクイチームが揃って怪力に(笑)なってたりとか
西住姉妹の無言コンタクトとか愛里寿の無双っぷりとかetcetc…
好きなシーンを書こうと思ってもとてもじゃないけど書ききれないってのがアレよ。無理だ。
あ、文科省の役人さんは退場してどうぞ。
(っても、ガルパンの世界でようやく「(小)悪人らしい悪人が出てきた」って意味において貴重な人だとは想いますけどね)


んなわけで、とりあえず一回観よう。
これ凄い映画だマジ。



かと思えば、ガルパン極上爆音はもうすぐ回数が減るらしい…惜しいよホント。
(※注 ガルパン本編前にスターウォーズ予告があったけど、この予告だけでもスターウォーズ極上爆音欲がムクムクと沸いてくるから困ったもんだ)

posted by 神楽坂優二 at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする