2016年03月22日

『艦これ』春の艦祭り に行ってきた!

三日間遊び続きで、チト疲れたわー!
こんなの本当に久しぶり。

というわけで三連休最終日、秋葉原ベルサールで行なわれた
艦隊これくしょんのイベント、「『艦これ』春の艦祭り」に行ってまいりました。

諸事情により会場到着が9:00頃。
それでもイベント開始が10:10からだったので間に合う筈だったのですが
到着の段階で既に物販は長蛇の列。

こりゃアカンと思い、物販は諦めて開会式へ。
開会式が終わった時には、物販や縁日参加権の整理券は配布終了。
どんだけの提督が集まってるのよ此処に(汗)。

残念ながら物販に並ぶ事は適いませんでしたが
P3220114.jpg P3220116.jpg
イベントパンフレットは、開催されていたクローズドシアターのお土産で貰えたのでまぁ良しです。

はい、今回のイベントの俺的本命はこの「クローズドシアター」に参加する事でした。
要は事前に予約した人だけが参加できるステージですね。
内容はあちらこちらで情報が上がっておりますが
・声優キャスト陣の女子会トークショー
・アニメ艦これ(第二話)、生オーディオコメンタリー上映
・声優さんライブ(あなたとの絆、加賀岬)
・劇場版艦これプレ上映会
等々。面白かったですよ、ハイ。

特に、劇場版艦これのプレ上映会は結構な新情報ががが。
・改二艦けっこういっぱい。
・鳥海や古鷹、熊野等のアニメでは出てこなかった重巡が結構でてくるみたい。
・舞台はSN作戦?
多摩にゃん出演当確ライン漏れ ←俺的最重要項目!orz
スタッフの皆様、何卒、何卒ちょっとでも良いので多摩にゃんの出場機会をどうか…(平伏)
P3210120.jpg


正直な所、俺みたいにクローズドシアターに参加するという目的がある人は
楽しいイベントだったと思います。
ただ、色々なところで言われているように、始発組ですら早い時間の整理券を確保するのが難しく
さらに物販に一度並んでしまうと3時間くらい拘束されるなど
ふらっと来て物販除いて展示見て縁日やって…というわけにはいかないようで
中々難しいイベントであったかと。悩ましいですね。

ま、それでも無料参加も可能(クローズドシアターだけは無理だけど)なイベントに
そこまでアレコレ要求するのも酷な話ですよね。
そもそも今回のオープンスペース会場でのイベントなんて
人をとにかく集めて宣伝効果を狙うものなのですから興行的には想定通りの大成功だったのでしょう。

無料で見られる「鎮守府太鼓」「艦娘四重奏」「声優トークショー」等もあったのですし。
整理スタッフを初め、大本営鎮守府の皆様にはホント、頭あがりませんね。

楽しい一日、どうもありがとうございましたっ!
ラベル:艦これ
posted by 神楽坂優二 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

東京アニメアワードフェスティバル2016 SHIROBAKO上映会に行ってきました!

東京アニメアワードフェスティバルとは? →http://animefestival.jp/ja/about/about/ 
まぁ色々と小難しい事言われていますけど、要はアニメのお祭りです。

正直俺はそのあたりの未来とか言われても良くわからないけど
好きな作品がこれでもかっ!って位に上映されるって事なので、日本橋まで行って来ました。
目的は「SHIROBAKO」「心が叫びたがってるんだ」の2本。
(本当は新海誠スペシャル上映観たかったんだけど、終電間に合わない可能性ががが)


SHIROBAKOは上映が2時間という事で、全24話のうち3話分をピックアップ。
・12話(第1期 えぐぞだすっの最終シーン、馬大爆走をどうするかで杉江さん無双が行なわれる話)
・19話(第2期 第三飛行少女隊の5話グロス完成の見込みが立たず四苦八苦する話)
・24話(第2期 最終回、アニメーション同好会のメンバーの担当が揃う話)

もちろん効果を狙ってだと思うけど、限られた3話分でよくここまで憎いチョイスしますなぁ。
SHIROBAKOは主人公組(アニメーション同好会メンバー)は確かにいるのですが
それを含めて登場人物全てに役割がある、言ってみれば群像劇だと俺は思っています。

レジェンドとされる武蔵野動画世代のメンバー、武蔵野アニメーションを支えるメインスタッフ。
そして上山高校アニメーション同好会を中心とする新人組。
全てが輝く素晴らしいチョイスだと思いました。

個人的には、俺がSHIROBAKOが素晴らしいと確信した19話が入っていたのが嬉しかったですね。
(俺はリアルタイムで観ていない組だったもので…)
※俺の好きなシーン:矢野さんが復帰して宮森にアロマキャンドルを渡して「今日は休め」って言うとこ。


上映会の後は、アニメスタッフと宮森役の声優さん(木村珠莉さん?)を交えたトークショー。
なんでもまたトークイベントを計画しているとか。これは期待ですねっ。
前回のはいけなかったけど、次は絶対いくよっ!!

トークショーの中でも言われておりましたが
SHIROBAKOは年月が経って観ると、新たな想いで観られるんじゃないかとの事。
そのためにもトークイベントや上映会などもやりたいとかなんとか。

ここは是非とも、どこかの映画館で一挙上映とかやりましょう!
俺、絶対に行きますからっ!!


このアニメアワード、21日にアニメオブザイヤーの発表があります。
できる事ならば、SHIROBAKOに取って欲しいなぁ。
(四月は君の嘘がノミネートされているってのが怖い…)
今からドキドキして待たせてもらいます。
ラベル:SHIROBAKO TAAF
posted by 神楽坂優二 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

【セトリネタバレ有】ClariS 1st Tour"夢の1ページ"(東京1日目)行ってきました!

(3/20 4:57修正。カレンのことをアリスって書いてたorz ご指摘ありがとうございました。)

いぃ…
P3200115.jpg

本日はZeppTokyoで行なわれたClariSのライブに行ってきました。

今回のライブ、いつもと同様とあるお城のお姫様であるクララとカレンが
兎の案内で異世界を訪れた客(つまりは俺ら観客ね)を迎えるスタイルですが
特に今回は四季をモチーフにClariSの辿ってきた足跡を辿る(?)ようなコンセプトとか。


俺がClariSの音楽大好きなのは今更言うまでも無いのですが

今日は新曲「ひらひら ひらら」が珠玉過ぎてな!!


この曲を歌うとき、クララもカレンも和服(振袖だった?ちょっと自信無い)で登場。
露出云々は特に無い筈なのに、手の動き、指先の動きがやたら色っぽくて綺麗でして。
曲自体の美しさも相まって、もう殺されるかと…。
俺の中で此の曲、ライブ効果もあってClariSランキングのかなり上位に来ました。

あぁ、この曲の為だけに明日のライブ行くのもアリなんじゃね?と思うくらい。
無理なんだけど(涙)。

さぁ、次のライブが楽しみですよっと。
これからもよろしくおねがいしまーす!! 
ラベル:ClariS
posted by 神楽坂優二 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

【ネガティブエントリ】課金ガチャに対するスタンスについて

現在、俺がplayしているスマホゲーム“アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ”にて
「星々のひととき ナイトタイムガシャ」というイベントが開催されています。


用は、この時期にしか出てこないキャラクターが出現するかもしれないガチャという事ですが。
ちょこちょこ話しておりますが、オイラはこのイベントで出現する「高垣楓」というキャラクターが大好きです。

で。

今までチマチマ溜めていたガチャを引く為の仮想通貨(スタージュエル)をはたいて
それでも出なかったので、ついに初めての課金行為に手を出しました。
結果、¥55,000位課金した段階でお目当てのキャラクターは引けました。


元々このゲームを始めた目的の一つに
「有料課金ソシャゲってどんなものよ?」
っていうのを知ると言う事があったので、まぁ良い機会でした。

結論から言うと「俺には合わねぇ」の一言。

実は今回のイベント(高垣楓が期間限定で引けるガチャ)が行われる事は
今年の正月頃から予測しており、その為に頑張って曲をクリアし、仮想通貨を使わずに溜めておりました。
期間にして凡そ2ヶ月。

それがたったの十分程度、たかだか2万円と等価値であると思った時、本当に凹みました。
(厳密に言えば仮想通貨の為だけにプレイしているわけでないので違うのでしょうが)

そして更に、この課金で引いたキャラクターが全く記憶に残らない。
逡巡も葛藤も無くキャラクターを消費している自分に気付いた時、すっごくすっごく嫌な気分になりました。
カッとなり、イベントで苦労して集めたキャラクターをダブっているという一点で消費した事は
今でも懺悔の念で死にそうです(すまん小梅、アーニャ…)。

掛けた¥55,000円が決して小額とは言いません。選べば海外旅行だって出来る金額です。
ですが、掛けた金額の大きさよりもキャラクターを只々消費しているという思い。
二宮飛鳥的に言えば「世界が色を失っていく感覚」。
これがどうしても自分には合わない。

多分、「達成感ってなんだろうね」という事に結びつくのでしょう。
俺にとっての達成感は、お金を払ってキャラクターを集める事では無かったようです。

んなわけで、多分これから先有料ガチャに手を出す事は多分無いでしょう。
予定は未定と言いますので、こんな事を言いながら掌大回転するかもしれませんが(笑)。

当初、SSR楓さんを引いて引退しようとか
課金ガチャで引いたキャラクターは全部移籍(リリース)させようとかも思っておりましたが
そんなことしても誰の得にもならないので止めました。

そんな、年度末の1ページ。
ラベル:デレステ
posted by 神楽坂優二 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする