2013年09月01日

【ネタバレは多分ない】劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。を観てきた!

色々な人達から「この作品は良い!!」って進められて早数年。

ついに眼にする事になりました。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」

先行してニコ生で全話一挙放送を観たわけですけどね。
うん。敵うわけないよね。泣いても仕方ないよね。

主要キャラクター、それぞれ一人ずつに弱い所と罰があり
それらが絡み合う群像劇。
喜劇は演じる当人達にはすべからく悲劇とは良く言ったものです。

そんな魅力的なキャラクター達に優劣をつけるなんておこがましいのですが
それでも敢えてオイラの推しキャラクターを選ぶならば…つるこさんですね。
(学年4位〜の件が可愛すぎてキュンキュンきました。
なによこの恋する乙女。ツンデレも良い所じゃないか。
無論、好きなのはこれだけじゃないけど)

って、そういえば今ノイミタナで今絶賛放映中なんだった。
ネタバレ禁止禁止。

ここまでが8月31日。
そんでもって、ひとしきり泣いた後。
9月1日に劇場版を観てまいりました。会場は新宿バルト9。

バルト9は、良く良く映画に関わる色々な事をしたがるので有名ですので
気に入っている映画館なのですが(アクセス的にはあんまり俺は良くないのよ)

P9010001.jpg
OH! MY! GOD!!
秘密基地(※ぽっぽの住処)が建ってるじゃないの。
どこまで本気なのよスタッフさん(笑)

で、内容なのですが既にCMで流れているからこの位は良いかな。
基本は、TVシリーズを回想に用いた、後日談と総集編。
悪いけど、俺開始5分で泣いたわ←

そんでもって、ラスト20分位で号泣しましたわ。
アレはやばい。何がヤバイって何もかもアカン←頭の悪い回答だなオイ。

ただ、あの涙はTVシリーズを知っているが故だよなぁ、という気はしなくもない。
興行的に大丈夫なのかいな…って、考えるだけ野暮ってなもんか。

逆に言えば、TVシリーズを観て少しでもこの作品が気にかかっている人ならば
絶対に観るべき!!って事ですよ。えぇ。


とまぁ、核心をなるべく突かないように感想。
…DVDボックス買おうかなぁ。

ちなみに本日パンフレット買いました。
良いか、映画をこれから観ようと思う人で上映前にパンフレットを買う人に言っておく。

後ろ開きの折り返しは、映画を観る前に開けるなよ。
絶対に開けるなよ!!
(嘘誇張じゃなくて、後悔したくなかったらマジで開けないで。)
posted by 神楽坂優二 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック