2014年08月02日

【ネタバレ有】映画 るろうに剣心 京都大火編

IMG_2221.jpg

藤原竜也はやっぱり僕らの藤原竜也でした。志々雄様カッコよす。
泥臭い蒼紫様も素敵ですが、やっぱりスマートでスタイリッシュな蒼紫様を拝見したかったです。
宗次郎君はもっと笑顔が素敵な美少年に演じて欲しかったです。(神木隆之介って、あんな演技しかできない人だっけ?)
張は只のDQNで今回の映画中一番ガッカリ。原作でもキレたクレイジー野郎でしたが、クレイジーとDQNは違うんだよバーロイ。京都大火編のラスボス格なんだからさぁ・・・


とまぁ、散々な事を言っておりますが
剣戟もカッコよかったし、前作オマージュが彼方此方に散りばめられてて分かる人はニヤリとできるし
佐藤健も剣心の(演じた)軽さを立派に演じられていると思うし
面白い映画だったと思いますよ。

ただ、左乃助の過去等が綺麗サッパリ(赤報隊とか和尚との遭遇とか)切られちゃってるので
彼だけちょっと浮いていると言えば浮いているのよな…突然エピソードが次回挟まれるのかしら?
次回作「伝説の最期編」も観に行かなきゃね。
ラベル:るろうに剣心
posted by 神楽坂優二 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック