2014年12月17日

徳島旅行グルメ編 徳島駅前“とくさん” #グルナビ

IMG_3445.jpg前エントリのダルサナ東京の後。
諸事情により徳島に行く事となっておりました。
その為、楽しみにしていた日曜日の人狼TLPTを観る事ができずハンカチを噛む次第。

徳島ではアレコレしてきたわけですが、ちょっとだけ先行して現地で食べてきた旨いモノをば。

マイミクのまことさんから薦められた、JR徳島駅から程近い「とくさん」というお店。
(あ、お店の写真取るの忘れてた)

foodpic5660564.jpg地酒“ありがとう”
季節柄非常に寒かったのではありますが、俺は暖かい部屋で冷酒を嗜むのが好きなのだ。
このお酒、地元の原材料を無農薬で造るところから初めたお酒なんだと。
そう聞くとありがたみあるように感じるけど、そんな事関係なく上手いからOK!
食べ物はソレが重要。

foodpic5660570.jpg刺し“いかうに”
foodpic5660571.jpg焼き“ぼーぜの塩焼き”

徳島地元の雲丹だそうで、近地でとれたものだから保存処理無しで食べられる分 純な味になるんだって。
確かに、口に運んだときのふんわり甘い味と、嫌味の無い後味素敵。
必ずしも有名産地のものが良いって訳じゃない事を痛感しますね。

ぼーぜというのはエボダイの事。
白身のフワフワしたお魚で、このまま食べても美味しいのですが
IMG_3442.jpgこの昆布出汁オロシをまぶして食べると、もうめっちゃ至福。
これ、自分で作れないかなぁ…。魚がすごく美味しくなる。

foodpic5660579.jpg揚げ“フィッシュカツ”
foodpic5660572.jpg揚げ“オコゼの唐揚げ”
フィッシュカツってのは、魚のすり身をカレー下味をつけてフライにしたもの。お好みでソースをつけて。
これは程よく下品でうめぇwww どっちかってーとビールが欲しくなる。

それから少し時間を置いてオコゼ。
ちょっと時間がかかるなーと思ったら、あのオコゼのヒレも食べられるように別で揚げてたのね。
身とヒレを両方美味しく食べられるように分割して揚げてたと。そりゃ時間かかるわ。
ヒレ皮はパリパリネットリ、身はホッコリうまー!うまー!
そしてオコゼの肝、これが衝撃的に美味しかったです。
なんと無しに口に放り込んだらビックリしました。たとえようが無い。

はー・・・ごちそうさまでしたっ!とっても美味しかったデス!!
タグ:徳島
posted by 神楽坂優二 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410772680

この記事へのトラックバック