2015年05月25日

9th Story Concert『Nein』〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜に行ってきた!!

9thストーリーコンサート大千秋楽おめでとうございます!

Linked Horizonとハロパがどうにも肌に合わなくて遠ざかっていたSoundHorizonでしたが
Neinの発売で俺の中で大復活を遂げた直後のコンサート。
SoundHorizon 9th Story Concert『Nein』〜西洋骨董屋根裏堂へようこそ〜 に行ってまいりました。
追加販売のチケットだけど、大千秋楽によくチケット取れたよなぁ俺。

というわけで、今回のストコンは大楽だけ参加。
よって俺の中では千秋楽オリジナルの演出が9thストコンのイメージです。

曰く

エンディミリオンとルーナは出会えた

曰く

エレフとミーシャの間には子供がいる(ただし死神が関与している)

曰く

ノエルは倒れて意識を取り戻さない

等。


SoundHorizonは「解釈の自由が故 諸侯は悩むのだ」なグループですが
これは妄想をかきたてられずにはおられませんぜぇ。

しかも

8th story CD“Rinne”発売決定

でしょ?
もうガクブルモヤモヤするしかないじゃん!!
しかも今回のコンサートでRevoさんは「障碍」「時系列」という言葉を多用しておりました。
え、9thコンサートで起こった事態だから、8thには関係無い?


誰が8thは9thよりも前だと保証した?←普通に考えたらなんかおかしい


とまぁ色々と妄想捗るコンサートでした。
まだまだ美味しくいただけそうですね。じゅるり。


Revoさんを初め、このコンサートを形作った全ての皆様
素敵な時間をありがとうございました!!






今回のライブ、簡単に振り返り。
・檻の中の箱庭…聴いてて一番楽しかった。こういうテクノダンサブルなナンバー好きよ。あとにゃんこ可愛い。
・名もなき女の詩…前述の通り。エンディミリオンとルーナが最後に出会えたという奇跡に涙。
・食物が連なる世界…大好きな曲。歌詞が言葉の通りの意味ですこし驚いたけどね。
・言えなかった言の葉…Thanatosがとっても聴きたくなりました(ていうか今聴いてる)
・憎しみを花束に代えて…Revoさんは何を思ってこの曲を創ったのだろう。とりあえず寄付すげぇ(5百万?)
・西洋骨董□屋根裏堂…にゃんこ達の商品説明にもゆすもゆす。あと、女店主にも。
・涙では消せない焔…泣くな?無理だ。只でさえ焔ですら泣くのに。
・愛という名の咎…今回臣民を困惑させた大問題曲。何故死神?
・忘れな月夜…CD聴いたときにも思ったけど、子供達の「平気!エリーゼがいてくれるから!」が超可愛い。


コンサート大千秋楽名物、Revoさん講話。
…は、詳しいところ省略。
デビュー10周年を経ても中二病は治らず
そのかわりエンタメって何だろうって事を考えるようになったとか
Revoの名前の通り、音楽に革命を起こすとか
児童虐待防止団体だけでは片手落ちなので、次は障害者支援団体にRevoさんのポケットマネーから寄付を出すとか

まぁほんと、放してくれませんわ。ずぶずぶ。
タグ:SoundHorizon nein
posted by 神楽坂優二 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419529609

この記事へのトラックバック