2016年06月20日

「綿流し巡礼祭 in 下呂温泉&白川郷」に行ってきました!!

6月19日 日曜日
六月十九日 六月第三週日曜日
IMG_8149.jpg
すなわち今日は

雛見沢綿流し祭 なのです(あぅあぅ)。
(説明しよう。ゲームひぐらしのなく頃に”において重要な要素である綿流し祭”が
ゲーム本編中で行われた日が昭和58年6月19日(日曜日)なのである)

今年は本作のアニメが放映されてから10年(考えたくねー)記念として
本作舞台の元となった実在の場所、岐阜県白川郷でイベントが行われました。

・コスプレ有
・聖地巡礼有
・スタンプラリー有
・原作者 竜騎士07先生のトークショー有
・声優さん達の朗読劇有

昔からこのBLOGを読んでいる奇特な方、もしくは俺を知っている人ならわかりますよね。
IMG_8169.jpg

ソウデスネ、俺が行かないわけがないよね(笑)。

実は昨年も(ナンチャテですが)山犬コスプレもどきで巡礼はいたしましたが
今回は(やっぱりクォリティはお察しですが)昔やっていた入江監督コスを復活させて参加!
やー、メッチャ楽しかったー! これ、夢だったんです。
またやりたーい!だからまた企画してくださいー!!>>主催者様


【追記1】
なんと、スタンプラリーの商品で
IMG_8176.jpg P6200238.jpg
高野一二三の研究文書、貰っちゃいました。
控えめに言って、これお宝ですよ?うっはー。

【追記2】
梨花「(んっ…また、ループしたのね。)羽入。いるんでしょ?、今日は何日なの?」
羽入「あぅあぅ、6月19日。綿流し祭当日なのです…」
梨花「当日?そんな、もう今日しか無いわけ!?
   …って、おかしい。入江診療所が綿流し祭前に取り壊されている。
   まだ入江にも鷹野にも診療所を畳む理由が無い筈なのに。」
IMG_8168.jpg

羽入「梨花!おかしいのです、村から外に出る街道が事故で封鎖されているのです!
   でも事故なんてどこにも起きていないのです!!」
梨花「これは・・・まさか・・・」

緊急マニュアルが既に発動されている?

                       ひぐらしのなく頃に 〜時遅し編〜 未完
posted by 神楽坂優二 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

伊勢志摩旅行、そして碧志摩メグ問題に視るキャラクタービジネスについて

冬です。

先週末、出張ついでに三重県は伊勢,志摩まで行ってまいりました。
IMG_6933.jpg牡蠣を食べにな!!

某左巻きグルメ漫画に書いてあったのですが、冬になって雪融け水が海に流れ込むようになると
栄養分を沢山補給して牡蠣が美味しくなるんだって。

牡蠣の美味しい産地は日本全国色々なところにありますが三重県の的矢も其の一つ。
そしてここの「佐藤養殖場」という所が特許化した「安全に生牡蠣をべる方法」を実践しているのが
この“的矢がき”なんだって。

的矢牡蠣を食べられる所は関東にもあります。
三重にも牡蠣小屋等、食べ放題を行っている所は多々有るようです。
でも、せっかく行ったんだから、他では中々できない事をしたいなー…というわけで。
IMG_6930.jpg IMG_6935.jpg
養殖場へ直接牡蠣を買い付けに行き、その場で解体食い!

控えめに言って、無茶苦茶旨かったです。
(まぁ塩分強いのでレモンかウィスキー欲しいなぁとは思わなくも無いけど)
そりゃまぁ、鮮度命の生牡蠣において本当の意味で取れたてのモノだしなぁ。旅人の特権ですよねコレ。

佐藤養殖場さんは車が無いと中々アクセスが面倒な場所にあるので
鳥羽、もしくは宇治山田からのレンタカーが便利です。
(近鉄鵜方駅にもレンタカーあるっぽいけど、ここに行くまでがまた大変だしなぁ)


んで、この旅の本題2。
チョット前に一つのニュースが俺の中で話題になりました。

色っぽ過ぎる海女キャラ「碧志摩メグ」公認を撤回…海女さん309人署名 作者申し出 三重県志摩市 - 産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/151105/wst1511050052-n1.html

まぁ二次元キャラクタービジネスに付いて廻る問題ではありますが。
これについて善悪を論じるのは馬鹿の行う事だと思いますのでしません。
ただ俺はこういった行ないを良しと思う者なので、実際に現地まで飛んできました。
IMG_6944.jpg IMG_6943.jpg IMG_6978.jpg
このSD化されたイラスト、メッチャ好きだわ俺。

この立て看板、及びグッズが販売されてるのは「賢島パークホテルみち潮」さん。
時間外に図々しくも訪問したのですが、快くグッズや看板の撮影をさせてもらいました。
(本当にありがとうございますっ!!次に遊びに行く時は是非とも使わせてもらいます)


何故にホテルで?と思われる方も多いと思います。
これがこのキャラクタービジネス公認・非公認の問題に繋がってきます。

この碧志摩メグは、グッズを含めて上記の言い掛かりのせいで取り扱う所が増えないのだそうで。
実際に伊勢志摩を廻らせてもらいましたが取り扱い・展示を行っている所は殆どありませんでした。
観光協会の公式webページにも記載無いようですし。

ご当地キャラクターが持つ役割はグッズ化されて売られる事だけではありません。
真の職務は「人をその地域に連れてくる為のキッカケとなる事」です。
なのでグッズの売れ行き自体はともかく(良い方が良いのは間違いありませんが)
それを認知させる場所が広がらないというのは明らかにマイナスです。

どんなキッカケがプラスになるか、それは誰にもわかりません。
でも其のキッカケの窓口は広い方が目に留まる絶対数は多いでしょう。
それを一部の「ワタシが不快だった(←意訳)」で取り潰すのって、勿体無いなぁというのが正直な感想でした。

そういえば、地元の新聞社が行なったアンケートで取り消しを求めたのって
全体の3割程度だったってホント?
タグ:碧志摩メグ
posted by 神楽坂優二 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

心が叫びたがってるんだ。聖地巡礼旅!

文化の日です。
ジャパニメーションは日本の誇る文化です。
ならば文化の日はアニメにちなんだ何かをしよう。

謎の三段論法からコンニチワ。
上記のような事があったかなかったか、埼玉県は秩父市に
「心が叫びたがってるんだ。」の聖地巡礼をいたして参りました。

私の住んでいる茨城県つくば市から、秩父に最寄の関越道花園インターチェンジまで
10月31日に圏央道の桶川北本〜白岡菖蒲が繋がりました為
首都高速、外環自動車道を使用せずに車ノンビリ3時間で行けるようになりました。
実に便利になったものです(とは言っても、下道で境古河IC迄は行かないとなりませんが・・・)
早くつくばICからノンストップで行けるようにならないかなぁ。

道の駅ちちぶ では、めんまがお出迎え。

秩父観光情報館では準がお出迎え。

その他にも街中のいたるところでここさけのPRがされている事等
町を挙げて応援、振興している様子を見ると、あぁ秩父に来たのだなぁと実感いたします。

今回の目玉。十番札所 大慈寺。

天候にも恵まれ、素敵な聖地巡礼旅を過ごせました。
うーん、文化的(そうか?)。あー楽しかった。

↓他アルバム。観られなかったらゴメンナサイ。



今回は滑り込みで西武秩父のレンタサイクルが借りられたので
大慈寺なり横瀬駅なり羊山公園なりetc…廻る事ができました。
しかしもし借りられなかったら車を使うにしても、この機動力は確保できなかったでしょう。

やっぱり輪行できる自転車なり車なり、欲しいなぁ…聖地巡礼を趣味としているとつくづく思います。

posted by 神楽坂優二 at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

広島呉港、艦隊これくしょん聖地巡礼旅

前エントリより。
道後温泉で要らぬ噂の的となった旅行後。
次なる目的地、広島県の呉港に移動。松山港からスーパージェットが出てるのはありがたい。
…高いけどな(汗)。片道5,000円位かかるのよね。

さて、呉と言えば言わずと知れた旧軍港の町。
その中でも、かの有名な「戦艦大和」の生まれた地でもあり
艦これ廃人としてはやっぱり行かないとならないわけでして。



しかもしかも、こんなイベントがちょうどやってるもんだからコリャタイムリー。
喜んで観て来ました。ただし中は写真撮影禁止なので記録は残しておりません。

戦艦大和は今でさえ超技術とされるような技術の塊であり
(一説によると「やらなければならない理由は分かるのだが、本当にやるとは思わなかった」タグとw)
当時の技術者の魂や本気度が感じられる素敵な展示でした。

あと、艦これ廃人としては大和の最期に涙したり
ライバルとなり得るアメリカ戦艦「ミズーリ」との殴り合いとかを妄想してニヤニヤしたり
そんな事をしていましたとさ。
 大和の模型


そんでもって。
呉港でちょうどこんなイベントが開かれておりまして。
 
ま、せっかくだし行かない理由はないよねw
丁度、そうりゅう型潜水艦のニュースがあったタイミングですし。

 
↑そのあたりの写真をいくつか纏めました。
 とね、あぶくま、てんりゅう等、艦これバカにはニヤニヤ出来る船がいくつも。
 特に阿武隈なんかつい最近改二になってホットな船ですしね。


次の用事があったので凄くばたばたした慌しい旅行でしたが、とっても楽しかったです。

 
お土産の大和ラムネと間宮羊羹w 
posted by 神楽坂優二 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

道後温泉、千と千尋聖地巡礼旅(ちょっとR-18的な話有り)

えー、先のエントリに書いた通り
先週末からあちらこちらに旅行しておりました。

金曜日は愛媛県の道後温泉。
ここはアニメ“千と千尋の神隠し”の主舞台である油屋のモデルとなった温泉のある街。

IMG_5374.jpg 
撮り方の問題もあると思うけど、そこまで似てるかなー?
まぁ油屋の規模を表そうと思ったら、並の温泉では足りないわね。


さて道後温泉。
とにかく印象としては「侘び寂びなんてどこにもねぇ!」って感じ。
IMG_5375.jpg 
駅を降りていきなりこんな電飾ゲートに出迎えられたらそうも思いますってw

ただ、それもあながち間違いではないのかなと。
そして千と千尋も有るべくして道後温泉が聖地だったのかと。

何故に道後温泉にいたかって、木金と仕事の出張で愛媛に行っていたからなのですが。
今日、俺の愛媛の上司に(説明がメンドクサイので省きますが、俺には上司が筑波と大阪と愛媛にいるのだ)

上:「道後温泉楽しかったー?神楽坂君も好きだねぇ」
俺:「え?いや確かに温泉は気持ちよかったですけど…」
上:「うん、そうだろ。こっそりと道後に行ったんだもんねぇ」
俺:「…は、はぁ。(???)」

なーんか変な事言ってるなぁと思いましたら。


道後温泉って、愛媛(松山近郊)の風俗街だったんですね(汗)。


どうやら、うちの会社の愛媛地区(の一部)では
出張後に俺が道後で女の子と一緒にお風呂遊び(隠語)豪遊していたという噂になっているとかいないとか。
うわーん、濡れ衣だ冤罪だー!!
なんか最近、この手のネタが妙に振ってくるのは何でだ。


閑話休題


とまぁこんな事を書いておりますが
なんとなし理解できないわけじゃないんです。
地図記号の温泉マークonsenmark-2.png
これは古来「サカサクラゲ」とも言って、連れ込み宿…今で言うラブホテルを意味していた事もあったとか。
つまり温泉(宿、街)というのは、そういう一面もあるモノだという事。

前述の通り、道後温泉には風俗店があったりストリップ劇場があったりするみたいですしね。
歓楽街というのでしょうか。
ならば、侘びだ寂びだ、なんていうのも的外れなのかも。


そのようにこの街を見れば。

千と千尋の神隠しは、ジブリ流ソープランドの話であるとの噂がよく流れます。
正直な所、この話の真偽は俺にとってどうでも良い話なのですが
この街が舞台に選ばれたという事、そして日本に限らず神様ってのは意外と俗なモノと言う事
その外モロモロあって「あぁ成程なぁ」と色々と腑に落ちた聖地巡礼旅でした。
正直、油屋が似ていたかどうかって、途中からどうでも良くなったとかなんとか。


IMG_5379.jpg メシもビールも美味しかったしね♪ 
posted by 神楽坂優二 at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

SHIROBAKO 聖地巡礼に行ってきました!

2014年秋〜2015年春まで、TOKYOMXで一つのアニメが放送されました。
その名は「SHIROBAKO」。

リアルタイムでも面白いと噂は聴いておりましたが、残念ながら私は観ておらず。
(というか、この時期に放送されていたアニメが名作揃い過ぎて追いきれませんでした。
四月は君の嘘とか、蟲師とか、黒執事とか、幸腹グラフィティとか、艦これとか…)

実際に私が観たのは2015年5月9日、10日のニコニコ動画一挙放送。
驚きました、マジで面白かったです。
リアルタイムで観られなかったのを今でも悔やむ位。なお、俺の一番推しは矢野センパイ。

というわけで、お約束の聖地巡礼です。
もう此の流れは仕方ないよね(そうだよね)。

SHIROBAKO.jpg 

e0304702_07303877.jpg  

20141102-shirobako04-20.jpg  

images.jpg  

等々…


SHIROBAKOは今年の春に舞台となっている武蔵境で巡礼イベントを行なっていたらしく
その時期に是非とも行っておきたかったなー、というのが正直な想い。
すきっぷ商店街の皆様、またやってくれても良いんですゼ!!
 今日もこういうのとか飾られてました。

まだまだ廻れていない聖地も沢山残っているみたいなので、是非ともまだまだ行ってみたいですね!
そしてSHIROBAKO好きの方、松亭でオフやりましょう!!

この素晴らしい作品を造ってくれた方々、そして地域の皆様に、敬礼っ!!


【今回撮影してきた写真達】
posted by 神楽坂優二 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

艦隊これくしょん聖地巡礼〜舞鶴鎮守府に行ってまいりました!

過去数回にわたって行って参りました、艦隊これくしょん鎮守府巡礼旅。
今回は京都府 舞鶴市に行ってまいりました。

舞鶴は、現在艦これに登場している艦娘のうち
島風 吹雪 初雪 敷波 如月 菊月 漣 響 大潮 霰 陽炎 夕雲 天津風
などが生まれた地。
島風、天津風、陽炎って好きなんだよね俺。

P5160536.jpg 
東舞鶴駅構内にて、島風と陽炎がお出迎え。

この看板にしてもそうですが、今回の旅で感じたのが
“舞鶴は町をあげて艦これとタイアップしている”という感じが観られ
自称艦これヲタの自分として、とても嬉しく思いました。

実は。
本当に偶然ではあったのですが、私が舞鶴入りした5月16日。そして次の17日は
P5160539.jpg
艦隊これくしょんオンリーイベント「砲雷撃戦よーい16」及びその前日祭の日でして。
(決してこれを狙って行ったわけではありません、いや本当に)

私も飛び入りでこのイベントの一環である海軍ツアーに混ぜて貰う事ができました。
おかげで、一般解放している時でないと入れない
P5160553.jpg P5160568.jpg
舞鶴鎮守府(海上自衛隊 舞鶴地方総監部)の中に入れて頂いたり
P5170677.jpg 特製艦これラベル付き日本酒が手に入ったり。
P5160575.jpg
流石に自衛隊案内標識に島風(艦娘)が使われているというのは驚いたわw
(※この看板には“とある仕掛け”がされておりまして・・・これ以上はナイショ)

また、私は参加できなかったのですが(事前予約が必須であったため)
前夜祭パーティには舞鶴の名物料理がこれでもかという程振る舞われたとか。



かく言う私も、舞鶴では有名なパン屋さん「エッセン」のお店の方に
「お兄さん、明日の艦これで来たの?」と聞かれたとかなんとか。
P5170678.jpg(ま、こんな名票つけてりゃなw ←海軍ツアー参加章)

一時期、アニメやゲームの聖地巡礼ブームがあったものの何故か爆死した聖地が観られる中
舞鶴は(今回の旅を観る限り)もう一度行ってみたいと思える街でした。
というか、また行こう。絶対に。

もちろん、食べ物が美味しいっていう事も含めてねw
P5160656.jpg
舞鶴とれとれセンターで食べたお刺身と日本酒♪
京都で刺身っていうと何か変な感じもしますが、うんまーい!!
(舞鶴は住所的には京都ですが、日本海に面したところなのよねん)

此処ではお刺身の他にも焼いたの煮たのetcetc、色々な魚介料理が店頭で売っており
そこらで購入したものをその場で食べられる仕組みになっています。
P5160663.jpg
次は俺、この「勝手に海鮮丼」試すんだ・・・一度やってみたかったんだよね。

色々とはしょっておりますが、楽しい聖地巡礼旅でした。
街の皆様、海軍ツアーに参加した皆様、そしてツアー企画のSDF並びに現地の皆様
ありがとうございましたっ!!

【ちょこっとずつアップ中 旅行写真】
posted by 神楽坂優二 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

横須賀プチ旅行

三連休を出かけずに過ごすのももったいない話なので。
P7210128.jpg
神奈川県横須賀 記念館三笠で展示されている
「三笠秘蔵 艦隊コレクション」に行ってきました。
また艦これか、とか言わない(笑) 何せオイラ廃人なもんでね。


戦艦三笠と言ったら、現在未実装艦の中で俺が一番実装を待っている船。
(なんでかって言うと、まぁアホクサイ話なんですけど。93サンチ砲は大正浪漫)
P7210136.jpgこれは三笠30センチ砲。 日露戦争 日本海海戦の英雄。

この三笠の中の展示フロアに、日露戦争〜太平洋戦争で活躍した船の模型が色々と展示されているわけです。
P7210130.jpg 嫁艦の軽巡洋艦“多摩”
他にも沢山の模型たちが並んでいるので、興味が有る方は是非ともご覧下さいませませ。

なお、この展示を見るとつくづく
「貴様のような軽空母がいるか (to隼鷹)」と思います。ひゃっはー(笑)。


他にも
P7210121.jpgアドミラル トーゴーとか
P7210122.jpg大和ブラ(違)とか
P7210134.jpg実際に動かせる機銃とか
色々と船にまつわる展示が多くて楽しいですよ。


あと、個人的に気になったのが日本海海戦で東郷平八郎元帥が行なった「東郷ターン」かな。
艦これ組の間ではすっかり有名になっちゃった「栗田ターン」ですが
それ以前にもあったんだねぇ…こっちは超有効な戦術例としてですが。


twitterではさんざ呟きましたが、この東郷ターンが俺の大好きな漫画
「銀河戦国群雄伝ライ」に出ていた六紋海の戦いで、南天軍大将軍姜子昌が取った同航戦戦略に
イメージが重なったという…詳しくは真鍋先生に聞いてみないとわからんけど
ここからインスパイアしたのかしらん?(違ったらゴメンナサイ)


さて、色々と知識欲を満たしましたら今度は食欲をば。
横須賀と言ったらご存知の方も多いかと思いますが
P7210102.jpg
現在、横須賀海軍カレー本舗で艦これフェアがやってます。
また艦これかよと(ry
P7210107.jpgP7210110.jpg
島風カレー。

この圧倒的な魚雷(ソーセージ)群!!
なんすか?島風って実は「重雷装駆逐艦」だったのですかw
だったら甲標的積んでくれと。

カレー自体はとっても美味しいビーフカレー。
海軍カレーじゃないって事だけど、そんな事は知るか。旨けりゃいーねん。
ご飯以上にソーセージがお腹に溜まる…嫌いじゃないから良いけどな。

歴史の勉強に美味しいカレーに。御馳走様でしたー!!


オマケ
P7210137.jpg 昨年、艦これラッピング店舗になったファミリーマート横須賀汐入駅前店。
わかってはいたけど、既に艦これラッピングは外されていました。うーん残念。
posted by 神楽坂優二 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

雛見沢綿流し祭2014に行ってまいりました その2(巡礼関係無)

綿流し祭が行なわれるのは岐阜県白川郷。
東京(某組織とは関係ないw)から車で向かうと、中央道で山梨県を抜けて行くルートとなります。
(関越道で群馬廻りルートもあるけどね)

雛見沢に直行しても良かったのですが、今回はちょっと寄り道をして向かいました。
P6140022.jpg 山梨県にある和菓子屋さん「金精軒」

P6140021.jpg 水信玄餅

twitterで噂を聴いていて、一度食べてみたかったヤツ。
モノがモノだけに、30分位しか持たないらしく現地に行かないと食べられないらしいのね。
しかも土日の個数限定ときたら…ねぇ。行かないわけにいかないじゃん。

見た目通り、美味しい水をそのまま半固体(?)にしたような。
プルンプルン口の中に滑り込んできて、プチュンと弾けたと思ったらスーッと溶けてく
すっごい気持ち良い食べ物。これは人気出ますわ…。うまひっ!!


んでもって、そのまま下道を走って一路諏訪へ。
P6140023.jpg PLUM SHOP

P6180019.jpg 玄蕃サラフィギュアと幟。

玄蕃サラは今俺が推しているキャラクター。
その生まれ本山のPLUMSHOPに初めて訪れました。

奇しくも、この日はPLUM秋葉原店のオープン日。
そんな日に本山ってのも、まぁ乙なものでしょう。

サラちゃんは塩尻の美味しいワインや山賊焼き等を紹介するけど
うちのサラちゃんは全国の美味しいものを廻る勉強家。
一味違いますぜー。

またコレクションが増えてホクホク。
手に入っていないフィギュアも沢山あるから、また宝島でも行ってみるかなー。
タグ:玄蕃サラ plum
posted by 神楽坂優二 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

雛見沢 #綿流し祭2014 に行ってまいりました!その1

6月第3週日曜日と言えば?
そう
雛見沢綿流し祭です!!
詳しくは07expantionの作品「ひぐらしのなく頃に」を調べて下さい。

というわけで今年もまた土日の二日間にかけて、行ってまいりました岐阜県白川郷。
今年は山狗部隊・鳳1、小此木風の服で参加。
流石に準備時間2時間(平日夜)じゃ完コスなんてできん(元々無かったと言えばそうなんだけど)。

あちらこちら廻ったには廻ったのですが
以前のエントリから新味がそこまであったわけでは無いので割愛。

・夏至近傍の雛見沢(展望台)には夕焼けは落ちない
とか
・行く度に梨花ちゃまベンチが移動している
とか
・今年の白川郷は毛虫の異常発生でちょっとキモイ
とか(最後聖地巡礼関係ねぇw)。


そんでもって夜も更けて、東海の知人たちと合流するために道の駅白川郷へ。

…なんかメッチャ人が一杯集まってるんですけど。
結論から先に申しますと、この日痛車の大型オフが開催されていたそうで。
(クーさん、俺この話一片たりとも聴いてなかったぞwww)

というわけで、俺自身は痛車乗りでも何でもないんだけど
急遽飛び入りでこの痛車オフ(痛Gふぇすたin白川郷w?)に参加させてもらいました。
P6170070.jpg 
白川郷で購入した日本酒「蓬莱」と、注がれたら飲まなければならない「べく盃」を手土産に。
俺も初めて購入したお酒だったけど、評判良くてナニヨリ(すごい飲みやすい日本酒)。

鍋を囲んでヤキソバ突いて、酒を回して車も肴に。
艦これ萌えだったりClariSのアリス卒業で泣いたり、まー本当にカオスだけど美味しいお酒を頂けました。
料理長さんを初め、関わって下さった皆様、本当にありがとうございました
まさか白川郷聖地巡礼でこーなるとは思わなかった(笑)。

P6150056.jpg
で、こちらは翌日の痛車集合写真。これでも集まった全ての車じゃないってんだから痛車界隈怖いわー。
posted by 神楽坂優二 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

多摩にゃんの故郷を求めて(その他)

タチ悪い風邪を引いてくたばってました。

間が開いてしまいましたが、多摩の故郷を尋ねる旅はとりあえず完了。
というわけで、前までのエントリに乗せられなかったよしなし事を。主に食い物(笑)。
食べ物ネタばかりアップする奴は人格に問題が有るとかってwebニュース記事をこの前見たけど
失礼な話だよねぇ(ぷんぷん)。

P5100126.jpg思案橋ラーメン、爆弾ちゃんぽん
歌手の福山雅治が絶賛とのちゃんぽん。
ぶっちゃけ、さして「旨いっ」って程でもない(笑)。
ちょっと調べてみたら、ネットの評判もそんな感じでした。
でも、夜遅くまでやってるってのはありがたいかなー。

P5120302.jpg同じく思案橋の天天有。
クッキングパパというグルメ(?)漫画に出て来た、ある意味聖地巡礼。
ちゃんぽんリベンジの意味合いも兼ねて。

P5120371.jpg出島で展示されていた「女中部屋」。
今回、少し時間ができたので出島観光にも行ってまいりました。
色々とフォトジェニックな場所もありましたが、俺が気になったのがこの「女中」って言葉。
やたら出島の展示説明にこの言葉が出て来たのですね。
うむ、大人だけがわかればそれで良い。詳しくは語るまい。
そういう観点で観ると、この何も無い部屋が急に…ね。 ←馬鹿。

P5120377.jpg長崎にもあるのかコレ(笑)。

P5110236.jpgハトシ、さえずり、角煮の長崎名物三点盛り(+ビール)



数回にわたって色々と書いてきた長崎旅行。
これでもまだまだ廻っていない所が沢山あります。観るところが多い街ですねぇ。
というわけで、また機会があったら行ってみたいものです。
また長崎ドワーフの皆様とライブ行きたいしね。

あいしゃるりたーん、ながさきー。
諸所の皆様、どうもありがとうございましたっ。




そして多摩にゃんもお疲れ様、
タグ:長崎旅行
posted by 神楽坂優二 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月19日

多摩にゃんの故郷を求めて(3:長崎編その2)

前エントリの答え合わせ。

最後に写っていた船舶ドック。
あれこそが、三菱重工長崎造船所(旧、三菱造船長崎造船所)。
そうです。この旅の目的の一つ、多摩(嫁艦)の本当の生まれ故郷です。
長崎マップ.jpg
グラバー園(矢印の元)から造船所(矢印の先)を観たのが前回のエントリの写真。

そして、ドックの近くから(地図、赤丸印あたり)写真を撮ると
P5120292.jpg P5120295.jpg
こうなるわけです。

これが、この旅の終着点。
多摩(嫁艦)「にゃあ・・・にゃにゃ!」

東京から約1000km離れて、ようやくここまで来られました。
これ以上何かを語れってのも野暮ですよね。


さて、この三菱重工長崎造船所には一つの記念館があります。
この旧三菱造船では実に多くの船が建造されました。艦これに出てくるだけでも、
武蔵、霧島、浜風、日向、秋風、木曽、名取、古鷹
川内、青葉、羽黒、鳥海、三隈、利根、筑摩、隼鷹 
そして、多摩。

近代になって扱うのは船だけでは無くなりましたが
それらを展示してある記念館が、三菱重工 長崎造船所 史料館です。

展示されている造船年表に多摩の名前が無いのが誠に業腹なのですが
(と言っても、実は多摩って目立った軍功が無いから仕方無いのよね)
実に多くの展示物が飾ってあって面白し。

P5120243.jpg 多摩の写真とか
P5120249.jpg 隼鷹が本来なる筈だった姿「橿原丸」の模型とか。

俺の嫁艦は多摩ですが、暁や隼鷹も大好きでして。
本当ならば隼鷹はドレスの似合うお嬢様だったとか、そんな事を考えると…(´;ω;`)ウッ

とまぁそんな妄想膨らむ素敵な場所でした。
他にもタービンとか潜水機とか、色々なものが展示されているので
ご興味ある方は是非とも行くと宜しいと思いますよ。

…平日しか開いてないけど(白目)。
有給休暇取って月曜日も休みにしておいて良かったよ。
(俺は基本的に土日休みのサラリーマンなんでねー)
posted by 神楽坂優二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

多摩にゃんの故郷を求めて(3:長崎編その1)

ようやく長崎編です。

前エントリのKOTOKO様ライブ前の話になりますが
ちょっとだけ時間が空いたので、長崎観光と食べ歩きをしておりました。

長崎の名物と言ったら、何を思い浮かべますでしょうか。
ちゃんぽん?皿うどん?卓袱料理?

もちろんどれも有名ですが、この日に食べたのがこちら
P5110164.jpg 思案橋、ツル茶んの

P5110162.jpg トルコライス
トルコライスの話を初めて聞いたのは、漫画クッキングパパから。
(田中君が予定をブッキングさせて食べ逃すって話)

ちょっとネットで店を調べてみると、この「ツル茶ん」というお店と
「ボルドー」というお店が発祥の地として出てきます。

もう少し調べてみると、長崎喫茶店発祥が「ツル茶ん」
トルコライス発祥が「ボルドー」という感じみたい。へー。

このメニューを食べた人はみな「どこがトルコ?」と思うまでが鉄板。
(何せトンカツ乗ってるしw)
ピラフにナポリタンにトンカツにカレーソースに…。よく
「大人のお子様ランチ」とか「大人様ランチ」とか言われるの誠に納得。

○「お子様ランチ?レディにそんなものを出すなんて失礼だわ!」(ぷんすか!)

ん?何か幻聴が…こんなお子様にもオススメ?
ツル茶んにはトルコライスのバリエーションが沢山あるので
近くに住んでいれば、是非ともメニュー制覇したいものですねぇ。


P5110174.jpg
続きまして、 四海樓の皿うどん。
このお店、長崎チャンポンと皿うどんの発祥のお店らしいですね。

そもそも皿うどんって何だろ?って調べてみたら
長崎チャンポンの汁を麺に纏わせきった麺料理、ってのが元々の物みたい。
なるほど、それならば発祥のお店が一緒なのも納得。ウマウマ。


さてさて、おなかも膨れた所で長崎観光。
四海樓に来たついでだったので、近傍の観光名所は無いかと選んだのがここ。
P5110180.jpg グラバー園

少しだけ歴史の話をすると、ここはトーマス・グラバーというオランダ人の居留地を再現した場所。
このトーマスさん、海外の文化や技術を日本に持ってきてくれて
しかもとても頭の良い(?)人だったらしく、当時の日本人諸氏から「賢者 トーマス・グラバー」
と呼ばれていたそうです。(その頃、賢者なんて単語あったのか?)



中には噴水広場もあったりして。
賢者と噴水。敬遠なるサンホラーの諸君ならば、わかるね?

と、まぁこんな観光をしておりました。
このグラバー園、グラバーが来られた当時の再現衣装をレンタルしたりもしており
是非とも次に来るときにはコスプレして回りたいものですな。
そして、なんだかんだ言って長崎は船の街なのだという事がよく分かる観光場所でした。

P5110204.jpg

ん、アレは…?


長崎編2に続くっ!
posted by 神楽坂優二 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

長崎旅行に行ってきたのです!!!(2:諫早編)

(前エントリで長崎編に続くと書きましたが、スマンあれは嘘だ)

さて皆様。
長崎県、諫早湾と言って何の事かお分かりになりますでしょうか。

マイミクさんから「諫早って何があるのかわからない」と言われて
軽くジェネレーションギャップを感じて眩暈したものですが…


はい。諫早湾干拓事業で一時期有名になった場所です。
(良い意味でも悪い意味でも)

元々、海洋環境学を専攻していた身なので、かれこれ十年以上も
一度実物を見てみたいとずーーーーーーーーーっと思っていた場所。
P5110131.jpg
沿道には、こんなイデオロギー満載の看板が立っていたりするわけですが
地元民でもない俺には、この手の活動には特に興味ありません。
諫早湾って、どんなところ?ただそれだけの興味。



只一つ言うならば
工事を決行した国や地方自治体が一方的な悪であると見なすのはどうなんだろうね、と。
この工事が結構されたばかりの頃は、俺も権力(悪)対住民(善)なんていう2元論で考えていたものですが。
いやはやお恥ずかしい。

本当はこの諫早湾干拓道路を車で走ってみたかったのですが
それは時間とスケジュールの都合で合わず。また次の機会にとっておくとしましょう。


※公共交通機関で諫早湾に向かう方へのご注意。
ご多分に漏れず、アクセスできる鉄道やバスの本数は非常に少ないです。
時刻表の確認はしっかりと!!



今度こそ、長崎編に続くっ!!
タグ:干拓 諫早湾
posted by 神楽坂優二 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

多摩にゃんの故郷を求めて(1:佐世保編その2)

さてさて、私が長崎旅行に行っていたのは週末の土日月だったわけですが
土曜日、日曜日と佐世保ではとある試みがなされます。
それが・・・
P5100026.jpg
海上自衛隊の軍艦見学ツアーです。

この日は護衛艦、いそゆき、あさゆき、さわぎりの3隻。
そのうち「あさゆき」の内部を見学させてもらいました。
艦娘の胎内をけんg y=ー(´゜ω゜)・∵.ターン

アスロック、31cm魚雷、ハープーン、76mm速射砲ナドナド。
これ、人間が喰らったらひとたまりもねーなというシロモノばかり。
艦これ本編では豆鉄砲的な感覚が大きい武器も、実物はどんだけでかいねん!って兵器。
怖い怖い。でもわくわくくまくま。


他にも佐世保のドックなどもあり、その道の方には楽しめました。
この海上自衛隊の護衛艦見学は、佐世保の倉島岸壁と言うところで行なわれるわけですが
その向かいの岸壁に、SSK(佐世保重工業)の船舶ドックが見られるわけです。
P5100046.jpg 船がいくつか。

そうです。これが佐世保出身の船の生まれ故郷。
まー、ここから観るので満足しても良いかなーとも思ったのですが。
でもやっぱり…ね。
P5100115.jpg
間近でドックを見なくちゃね!!

そう、これこそが佐世保生まれ艦娘の生まれ故郷聖地!!
mfwmapserv.png
今回撮影を行なったのは、佐世保市営バス「SSK船台口」停留所そば。
佐世保鎮守府(海上自衛隊佐世保総監部)からテクテク歩いたけど
このあたりが良いスポットかなーと、勝手に聖地としました。
もっと良いポイントがあったら情報求む。

やー、巨大クレーンってカッコイイなぁ。
嫁艦の生まれ故郷n・・・


多摩(嫁艦)「すぴー zzz」

・・・オイコラ多摩。お前の生まれ故郷に来たってのにそれは無いだろ。

多摩(嫁艦)「うにゃ?ここどこ?多摩のおうちじゃないにゃ」


…What?


多摩(軽巡洋艦) 〜Wikipediaより転載〜
>>1918年8月10日、八四艦隊計画(後の八八艦隊計画)の一隻として
>>三菱造船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)で起工された。

三菱造船長崎造船所
三菱造船長崎造船所
三菱造船長崎造船所
三菱造船“長崎”造船所

orz やっちまった。嫁艦の出身地間違えた…。


次回、長崎編に続くっ!!
posted by 神楽坂優二 at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

多摩にゃんの故郷を求めて(1:佐世保編その1) #艦これ

というわけで、東京から離れる事950km程。
長崎県は大村湾に浮かぶ長崎空港を経由して、佐世保にやってまいりました。
こういうとき、本当にレンタカーって便利だよね。
長崎空港〜佐世保って中間料金所が多くて少し閉口しますが…

さて佐世保といったら
じまんぐと

P5100022.jpg佐世保バーガー
(※俺調べ)

朝一で飛んでお腹がすいていたので
早速佐世保バーガー発祥の店と呼ばれる「ビッグマン」に行ってまいりました。
注文はベーコンエッグバーガーセット(\1,150)

ハンバーガーと言ったらファストフードの代名詞とも言える食べ物ですが
お味も待ち時間も、こいつはとても良い意味でfastとは呼べないモノ。
写真は載せませんが、もう一店「HIKARI」というお店にも行ったのですが、やっぱりfastというには程遠く。
佐世保バーガーはファストフードじゃねーという俺の中の結論。

佐世保バーガーって作り方もさることながらベーコンに特色があるとの事
ハンバーグと一緒にジュワッとパクッと美味しく頂きました。ぐはは、うめぇ。


〜そんでもって〜
多摩(嫁艦)「提督、どうしたにゃ?」

佐世保では数多くの軍艦が製造されました。
だから…という訳ではないと思いますが
ここ佐世保には、軍艦の慰霊碑を集めた場所があります。
それがこの
P5100050.jpg佐世保東山海軍墓地です。

ここに奉られている船は、艦これに出ているだけでも
金剛、羽黒、足柄、矢矧、那智、妙高、瑞鳳、飛龍、加賀、霧島、榛名、千歳、名取
鳥海、阿武隈、若葉、初霜、黒潮、涼風、時雨、白露、皐月、文月、長月、秋月
と、これだけの多くの船が眠っている(わけではないけど、便宜上)墓所となります。

艦これの、と言っては失礼かもしれませんが
聖地巡礼を行なうに当たって、どうしても行っておきたかった場所なのです。

馬鹿の考えかもしれませんが、これだけ多くの艦娘達が眠る墓所と考えたら
感慨深くもなりますし、涙も出てこようってなもん。
これをどのように思うかというのは人それぞれだと思いますので、ここでどうこうは書きません。

ただ、自分としては国の為に戦ってくれた娘(あえてここではそう呼びます)達を誇りに思います。
そして、彼女達がこれだけ多く沈むと言う事がどれだけ深い意味を持つのか。

そういった場所の写真を収めることに、色々ご意見はあると思いますが
こちらに纏めましたのでよろしければご覧下さい。


長くなったので、佐世保編その2に続く。
posted by 神楽坂優二 at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

長崎旅行に行ってきたのです!!!(0:〜旅の始まり) #艦これ #KOTOKO

俺提督「多摩!突然だがお前の故郷に行くぞ!!」
多摩(嫁艦)「…にゃあ?」

というわけで、週末を利用して2泊3日の長崎旅行に行ってまいりました。
地図.jpg
主に行ったのは次の3箇所。
A佐世保地区
B諫早地区
C長崎地区     ※@は長崎空港

本来の目的は、現在全国ツアー中のKOTOKO様ライブ
「KOTOKO 10th Anniversary Live Tour "47 ARCH"〜駆け回り食べまくり! NEO〜」
に参加する事だという事は間違い無いのですが、ついでに長崎観光もしてこようという目論見です。

元々長崎は行ってみたい場所ではあったのですが、そこに来て昨今の艦これブーム。
ご存知の通り、ワタクシもどっぷりと嵌っているわけでして
言ってみれば聖地巡礼のようなものです。

それではこの後、数エントリに渡りましてどうぞお付き合いくださいませ。


【このBLOGを始めて読む方へご注意】
・この長崎旅行記には、DMM.com&角川ゲームスの作品「艦隊これくしょん」のネタがいくつか出てきます。
・私はブイン基地サーバーにて「ばかぐら」という提督名で絶賛プレイ中です。
・私の嫁艦は、軽巡洋艦「多摩」です。
 多摩.jpg ←多摩
実際の軍船である多摩が、長崎県で竣工した事を覚えておいて頂けると少しは意味がわかるかもしれません。
・写真が多すぎてこのBLOGへどうやって纏めたらよいのか、5月13日現在頭を抱えております。
・多分妄想沢山のエントリになると思いますので、そういったものが嫌いな方は回れ右。
posted by 神楽坂優二 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

埼玉県 清久大池近くの桜

ちょっと間が開いてしまいましたが、掲題の桜を観に行ってました。

昔から俺のお気に入り桜スポットだったのですが
残念ながらメイン通り(桜通り)は交通の問題から桜が切られてしまっていて(!?)
一時期の圧巻の桜並木の風情はあらず。残念。

というわけで、メインストリートから一本入った所でパシャリ。
P4050046.jpg
敢えて桜にピントを合わせないで撮ってみた。

デジイチ等ではピントを自由に変えられる機能があるようですが
残念ながら俺が持っているのはコンデジのみ。
こういった、中心以外にピントを合わせた写真は撮れないと諦めていたのですが
意外といけるもんですね。ちょっと勉強になった。

と、何を観にきたのかと突っ込まれそうなので桜メインでもう一枚。

P4050039.jpg


タグ:花見
posted by 神楽坂優二 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

名古屋旅行です

さてさて、週末はKOTOKO様のライブに行っていたのは前エントリで書いた通り。
んじゃ、ライブ以外は何してたの…って事で。

【その1】
P2010003.jpg
関ヶ原の毛利秀元陣を訪れていました。

俺が戦国BASARAで毛利様使い(≒捨て駒)なのは今更という感じですが
関ヶ原の戦いで毛利軍が陣を張っていた所が名古屋の近くにあったので行ってきました。
近くと言っても60km以上離れているんだけどな!! ←知らなかった

場所は岐阜県の大垣(?)にある「南宮山」。
南宮大社から一時間位登山するとつきます。

普段の運動不足を嘆きながら(吉良吉影の気持ちが良くわかる)ひーこらと展望台へ。
 P2010008.jpg
これが関ヶ原の戦いで毛利が観ていた戦場ですか…感慨深いものがありますね。
ま、俺はどっちかってーと吉川広家の空弁当エピソードの方がこの地らしいと思っているんですけどね(笑)


【その2】
ライブ後、愛知の友達と一緒に山ちゃんへ。
IMG_1203.jpg 手羽先とビール
ライブで散々渇いた身体にビールが染み渡る事染み渡る事。

個人的に気に入ったのが「スタミナニラ玉炒め」ってメニュー。
ニラ玉にピリ辛ソースとたっぷりのフライドガーリックが積まれているだけなんだけど、これがやたら旨かった。
また食いたいわ。他、味噌カツとか名古屋コーチン肉団子とか。
あ、味噌ラガーはしばらくいいです。

【その3】
The マウンテン!!
P2020012.jpg 辛口ナマズ煮込みスパ
俺が名古屋に行くと言ったら、複数から「マウンテンですね」というご意見が。
みんなマウンテン好きすぎだろ。

チョコきしめんとか甘口いちごスパとか、魅力的なメニューもあったんだけど
なんか甘いものの気分ではなかったのでコレ。

ナマズが入っているってのはあるけど
言ってみればタバスコ(チリ?)の利いたトマトスープスパゲッティ。
不味いわけがないよね。というか、本当に美味しかったです。
マウンテンは奇食メニューが目立つけど、普通のメニューも美味しいって事を再確認。満足。
IMG_1207.jpg ナマズみーっけ(こんな感じの白身がゴロゴロ)


【その4】
カラオケ行ってました。
とりあえず俺は、KOTOKO様のライブで演られた曲をトレース…のはずだったんだけど
空中パズルの曲が入っていなくてションボリ。
と言っても、今回のライブはめちゃくちゃ曲数が多かったから
それでも大分堪能したのですけどね。

なんとなくのノリで→unfinished→を振り付きで歌ったのですけど
息が上がってマトモに歌えなくなるのな。
KOTOKO様本当にすげーわ。あんだけ舞台走り回って、あんだけ声が出るんだもんなぁ。
プロの歌手の実力とプライドを嫌でも感じます。

あとは「リンちゃんなう!」とか「仔ギツネの乱」とか。


こんな事をしながら、戻ってきたのが日曜日の深夜。
(途中、あちこち寄り道したけどね)
疲れたけど楽しかったー!! リフレッシュ!!
posted by 神楽坂優二 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

2013年11月 広島旅行に行ってきた! 〜2.呉鎮守府編〜

さて、宮島を後にしまして次に向かいましたのは…


海上自衛隊 呉地方総監部

なんで海自に来たかと言いますと。
既にご存知の通り、アタクシ現在「艦隊これくしょん 〜艦これ〜」にハマっております。
(ブイン基地所属:総督名「ばかぐら」)

この呉地方総監部。いわゆる「呉鎮守府」なんですね。
んでもって、ここ。
毎週日曜日に内部を一般公開しているのです。
せっかくなので渡りに艦、行かないわけにはいきませんと。





 一部は中まで入れます。


他にも、

こんな錨があったり。雷ちゃんの振り回してるヤツかな?
(※注 雷ちゃんは呉出身ではありません)


こんな砲もあったり。大きさ測って無いけど、12cm砲位? ←結局駆逐艦装備か(笑)


こんなお風呂(入槃施設)もあったり。おー、クレーン動いてる動いてる。(IHIか?)

時間こそ短かったですが、実に興味深い探索でした。
ちなみに、一緒に廻った人の中にどう見ても同類らしきのが複数いたのはナイショ(笑)。

他にも呉には(鎮守府じゃないけど)
 41cm砲があったり


 
戦艦用のプロペラや梶があったり。
どれもでけぇぇぇぇ!!
駆逐艦に41cm砲(46cm砲もな)を積むというのがどんだけ無茶な事か実感できますな。

※参考:twitterで見つけた図
https://twitter.com/yuu_moegi/status/383794428055281666/photo/1

また、実際の潜水艦を使用した資料館もありましたね。


 あ、魚雷発射孔。


やー、素敵な街です呉。
ちなみにこの日、呉で艦これオンリーイベントがやってたのはナイショ。
なんたる偶然なんでしょう。知り合いも参加してたらしいし・・・俺の運命力って何気にすごくね?

posted by 神楽坂優二 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする